選手プロフィール

令和のニューヒーロー

近藤 魁成

/コンドウ カイセイ/Kondo Kaisei

    • 動画・写真

    • 所属・ジム

      大成会館/キックボクシングジム3K

    • 生年月日

      2001.7.2

    • 身長・血液型

      180cm・

    • 出身地

      大阪府大阪市(日本)

    • ファイトスタイル

      オーソドックス

    • 入場曲

      THE BLUE HEARTS / TRAIN TRAIN

    • SNS

    • 獲得タイトル

      K-1甲子園2018 -65kg王者
      K-1甲子園2017 -65kg王者

    • 戦績

      9戦 5勝(4KO) 3敗 1分

    【プロフィール】
    幼少期より長男・大成、次男・拳成の後を追って空手を始めるが、難病であるペルテス病にかかり4年間自由に動けない日々が続く。病気を克服し、2017年に高校1年生でK-1甲子園を制覇。2018年3月の「K'FESTA.1」で原翔大にKO勝ちしてプロデビューを飾ると、同年9月に史上初のK-1甲子園連覇を達成した。2019年3月の「K'FESTA.2」では瑠久に圧巻のKO勝利。5月のKrushではプロ3戦目ながらウェルター級王者・木村“フィリップ”ミノルの挑戦者に選ばれ、ヒザ蹴りで先制のダウンを奪取。最後は王者の左ボディに沈んだものの、強烈なインパクトを残す。8月のK-1大阪大会では松岡力を1RKOでマットに沈め、更なる進化を見せつけた。「高校生のうちにK-1の世界チャンピオンになる」という目標を実現すべく、11月のK-1横浜大会ではジョーダン・ピケオーと対戦。当時VS日本人無敗だったピケオーに果敢に挑むも、最後はピケオーの強打に沈んだ。再起戦となった2020年3月のKrushで山際和希に勝利すると、8月の第7代Krushウェルター級王座決定トーナメントに出場。準決勝の海斗戦をKO勝ちでクリアするも、山際とのリマッチになった決勝では右手首を負傷して無念のTKO負けに終わった。2021年3月21日「K'FESTA.4 Day.1」東京ガーデンシアター大会の復帰戦ではタイのマキ・ドゥワンソンポンと対戦。令和のニューヒーローがK-1年間最大のビッグマッチで完全復活を目指す。 [2021年2月3日現在]

    K-1 / KRUSH / KHAOS 戦績

     

    選手登録