2018.09.22

 9月24日(月・休)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」の[プレリミナリーファイト第2試合/K-1ライト級/3分3R]で対戦する東本央貴と瓦田脩二のコメントを公開!

東本央貴
「今回の試合に向けて落ち着いて戦う練習をしてきました。前回K-1に出た時と比べて、相手に対する色々な考え方、想定外のことを想定内にすることができるようになってきたと思います。対戦相手の印象は…しょうもない。今回の試合のテーマは楽しむことで、バルクアップした上半身をアピールします。プレリミナリーファイトですが、みんなが見入ってしまうような試合をします。プレリミナリーから盛り上げるんで、ツイッターフォローしてください」

瓦田脩二
「今回がK-1初参戦ですが、いつも通り試合が決まったなて感じです。格闘技を始めたのは18才の時で、大学時代にジムの体験入会にいって、そこでジムの人にやられて、いつかやり返すために本格的に始めました。対戦相手の印象は特にないです。倒し方にはこだわってないですが倒して勝ちにいきます。テーマは“冷静に殺気を持って戦う”こと。自分は対戦相手によって戦い方を変えるので、どのように戦うかを見てほしいです。ファンのみなさん、いつも応援ありがとうございます。感謝の気持ちもって全力で戦います」

 

選手登録