2018.11.04

 11月4日(日)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて記者会見が行われ、12月8日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN」の対戦カード変更が発表された。

 ライト級世界最強決定トーナメントの1回戦でインディゴ・ボイドと対戦予定だったK-1ライト級王者・卜部功也が練習中の怪我(重度の腓腹筋断裂)で全治6週間と診断され無念の負傷欠場。代替選手としてリザーブファイトで川崎真一朗と対戦予定だった恭士郎が本戦に昇格しインディゴ・ボイドと対戦することが決まった。

 会見には功也の欠場によりチャンスが巡ってきた恭士郎が出席し「昨日連絡をいただいたんですが、大きいチャンスをいただいたんで素直に嬉しかったです。(対戦相手のボイドと)自分は噛み合うと思うし、トーナメントに向けてスパーリングの数を増やして準備します。卜部功也選手の欠場で自分が本戦に入ることになって、正直がっかりしているファンがほとんどだと思いますが、このチャンスをしっかりものにして全力で優勝を目指します」と意気込みを語る。

 質疑応答でトーナメントで戦ってみたい相手を聞かれ、恭士郎は「準決勝ではKrushで負けている大沢(文也)選手にしっかりリベンジして、決勝ではゴンナパーとやってみたい」と返答。「(ゴンナパーは)どうみても強いんで、あの攻撃を食らってみたいというのがあります(笑)。自分ならゴンナパーの攻撃を食らっても前に出られる自信がありますし、面白い試合が出来ると思う」と圧倒的な攻撃力を持つ“ムエタイ大魔神”との真っ向勝負を熱望した。

 王者・功也の欠場により混沌としてきたライト級世界最強決定トーナメント、恭士郎は巡ってきたチャンスをものにすることができるのか!?

 なお恭士郎の本戦繰り上がりにより、プレリミナリーファイトに出場予定だった東本央貴がリザーブファイトで川﨑真一朗と対戦。東本と対戦予定だった鈴木孝司の対戦相手は調整のうえ、後日発表となる。

 

選手登録