2019.10.22

 10月21日(月)愛知・名古屋ガーデンパレスにて記者会見が行われ、12月28日(土)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」の第2弾対戦カードが発表された。

 今年3月の「K'FESTA.2」でシナ・カリミアンの持つタイトルに挑戦するも判定で敗れた加藤久輝。あれから約9カ月、地元・名古屋で再起戦をが決定した。対戦相手は今年1月からスタートした初代K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級王座決定トーナメントを全試合KOで勝利して同王座に就いたK-Jeeだ。

 会見で両者は互いの実力を認めったうえで、それぞれ「今回しっかり勝ってシナ・カリミアンへのリベンジ戦に臨みたい」(加藤)、「ここで勝って海外の強い選手たちに勝って一番良い時にタイトルを獲りたい」(K-Jee)とタイトルへの想いを語った。

☆記者会見動画の視聴URLはこちら▷https://youtu.be/PCaPt9YYC8w

K-Jee
「加藤選手は実績のある選手なんで凄い楽しみです。KRUSHで自分が戦ってきた選手とはレベルが違うと思いますし、それに対応出来るようにトレーニングしたいと思います。(以前から意識していた加藤との対戦が決まった時の心境は?)以前はK-1からの評価が高くて羨ましいなというか、なんで?という感じでした。今回試合が決まって、加藤選手は日本とフランスのハーフで日本人にはない身体の強さを持っているし、MMAをやっていて間合いも遠いし、そういうところでまた新しく準備出来ればなと思います。

(11月の横浜大会で行われるシナ・カリミアンvs愛鷹亮のタイトルマッチは意識している?)そんなに意識はしてないです。まあ格闘技ファンっていう目線で見ようかなぐらいです。(この試合は事実上の日本人トップ対決だと思うが、どんな試合をしてタイトルにアピールしたい?)これに勝ってすぐにタイトルマッチをやりたいって気持ちはそこまでなくて。今回の名古屋大会のようにK-1が地方開催していく中で、自分の地元の福岡でももちろんK-1をやって欲しいし、そこでタイトルに挑戦できたらと思います。

 初代王座決定トーナメントに出たブバッカ・エル・バクーリとか他に強い選手もいるんで、今回の試合に関してはお互い全力でやるんでKOになると思いますし、そこからエル・バクーリとか強い外国人とやって、自分の地元で一番良い時にタイトルマッチができてタイトルを獲れたらと思ってます」

加藤久輝
「K-Jee選手は前の試合とか色んな試合も見て凄く強いと思います。それで30歳手前だと思うのでピークに近いだろうし、気持ちも強いし良い選手なので絶対良い試合になると思います。

(今年になってBellatorとの契約も終えて、今はK-1に専念している?)そうですね。3月に試合が終わってあんまり怪我もなかったんで、もっと早く試合組んでもらいたかったんですけど、試合が12月になって。やっぱり僕ももう37歳で一試合一試合意味のある試合をしたいし、あまり意味のない試合をこなすより、ちゃんと良い選手とやった方が良いと思ってます。

(地元・名古屋で初開催となるK-1に特別な想いは?)総合では経験ありますけど、名古屋でK-1の試合をやるのは初めてですね。K-1という大きな舞台では初めてなんでワクワクしてます。(11月の横浜大会で行われるシナ・カリミアンvs愛鷹亮のタイトルマッチは意識している?)もちろんその結果を待ってますが、あんまりカリミアンのことを言っても、今度の相手はK-Jee選手なんで。今はK-Jee戦に集中してしっかり臨みたいと思います。

(この試合は事実上の日本人トップ対決だと思うが、どんな試合をしてタイトルにアピールしたい?)K-Jee選手も僕もカリミアンに1回負けてるんで、やっぱり今回はしっかり勝ってリベンジ戦に臨みたいと思いますね」

 

選手登録