2019.12.16

 愛知・公武堂MACS GYMにて、12月28日(土)愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される“K-1冬のビッグマッチ 第2弾 名古屋”「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R]で不可思と対戦する大和哲也が公開練習を行った。

 この日は「一般観覧可!リアル"公開"練習」としてファンの前で2分1Rのミット打ちを行った大和。普段とは違うシチュエーションでの公開練習で「変に緊張してしまったのか、トレーナーのパンチを避けようとしたら当たっちゃいました(笑)」というものの、後半は持ち前の力強いパンチを繰り出し「いいイメージで練習ができているし、これからさらに仕上げていきたい」と調整は順調だ。

 今大会で大和は不可思との注目の日本人対決が決まり「不可思も地元が名古屋なので、2人を応援してくれる人がいたり、共通の知り合いがいたり、色々なつながりが多い。この試合を楽しみにしているという声がすごく多くて、期待してもらえることはすごくうれしい」と気合い十分。「K-1以外の他所で実績を作ってきた選手という部分でも似ている部分がある。激しい試合をするところも一緒だと思うし、僕らにしか出来ない試合があると思うんで、それを3分3Rしっかり魅せたい」と不可思との戦いに胸を躍らせる。

「不可思とはお互い若かった頃に一度練習したことがあって、不可思が自分の後輩と試合したこともありました。プロでも彼が色々な団体で活躍して5本ベルトを獲って、活躍している姿も見てきました。そういった部分では僕もK-1MAXの日本トーナメントで優勝しましたけど、その後はムエタイルールで戦って、世界タイトルも獲って、2年前からK-1に戻って来ました。僕も不可思もK-1以外の他所で実績を作ってきた選手という部分では似ている部分もあるのかなと思います。

 一個人としても不可思のように実績のある選手と戦えることが楽しみで、お互いに戦ってきたルールは違いますが、K-1ルールの中でどちらが強いのか。それを恨みっこなしで決められると思うので、それは本当に楽しみです。僕は不可思のことを強い日本人選手の1人だと思って実力を認めてたので、そういう相手とやることは感慨深さもあります。激しい試合をするところも一緒だと思うし、僕らにしか出来ない試合があると思うんで、それを3分3Rしっかり魅せたいです」

 また今回はK-1 JAPAN GROUP初の名古屋大会で、大和としても初めて名古屋でK-1のリングに立つことになる。大和はK-1名古屋大会への想いも熱く語った。
「僕がキックボクシングを始めたのはK-1に出ると周りに豪語したのがきっかけで、週1日しか練習していない頃から『俺はK-1に出る』と周りに言っていました(笑)。その少年が17年後に名古屋で開催されるK-1に出るというのは感慨深いものがあるし、『K-1に出る』という夢が名古屋で叶うことは凄く嬉しいし、感慨深いです。現実というより夢見心地で、試合当日はさらに最高の高揚感でいけると思います」

 同じ名古屋大会では安保瑠輝也vsゲーオ・ウィラサクレックのタイトルマッチが行われるほか、11月・12月と2大会でスーパー・ライト級の試合が続く。大和は不可思との一戦を制して、タイトル挑戦に近づくことを見据えている。

「今回の試合は今後のスーパー・ライト級のタイトル戦線に絡む試合になると思っています。11月の横浜大会では山崎秀晃選手がもの凄い勝ち方をしたので、僕もただ勝つだけじゃ駄目だろうし、勝ち方も問われると思います。僕はタイトルマッチにふさわしい選手じゃないと、タイトルに絡んではよくないと思っていて。試合だけじゃなくて人となりや発言も含め、あと2週間しっかり自分を磨き上げます。タイトルに絡めるような試合をして、しっかりアピールをしたいなと思います。あと個人的に毎年楽しみにしているのがK-1 AWARDSで、今回の試合でしっかりアピールして次のK-1 AWARDSでも何かの賞に絡みたいです」

 不可思との対戦、そして名古屋でのK-1。誰よりもこの試合に熱い想いを持つ大和は、最後にファンに向けて「最高の試合をしてリングを降りる」と約束した。

「2019年最後のK-1が名古屋にやってきます。最後を締めくくるにふさわしい大会になると思うし、その中でも僕たちの試合が非常に注目されていると思うので、最高の試合をして、最後は勝って笑ってリングを降りたいと思います。一瞬で決まる試合を楽しみにしていてください」

 

選手登録