2020.03.19

 3月19日(木)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、3月22日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」の[K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R]で神保克哉と対戦するエダー・ロープス が公開練習を行った。

 ロープスは北西アフリカに位置する島国カーボベルデ共和国出身のファイターで、現在はポルトガルを拠点にしており、パンチとローのクラシカルな対角線コンビネーションを武器にISKA欧州スーパー・ウェルター級、WKA世界-72kg王者を獲得。過去にK-1 MAXでも活躍した豪州のレジェンド、ジョン・ウェイン・パーにも勝利した実績を持つ。

 公開練習のミット打ちではローではなく、左右のミドルからパンチのつなげるコンビネーションを盛んに見せたロープス。「調子はとても良い。大舞台ということも理解しているので、率直に凄く嬉しい」とK-1初参戦、そしてトーナメント出場のチャンスを前に素直に喜びを表す。

 ロープスは「カーボベルデという島の出身だが、キックボクシングを始めたのはリスボンに移り住んだ後の2014年からなんだ。元々格闘技が好きで、その間に球技もやったが、結局格闘技が好きで今も続けている」と自らのルーツについて語り「自分の攻撃は一撃一撃が強く、その中でもパンチとローキックが強みだと思っている。格闘技を始めてから対戦相手が俺のパンチとローを恐れていると感じている」とパンチとローのコンビネーションが自らの武器だと自負している。

 一回戦で激突する神保については「非常に強いし良い選手だと思っている」と実力は認めているものの「とりわけ対策というのは立てていなくて、日々練習で培ったものを出すだけだ」と自然体で戦うことを強調。そもそも「対策はいつも立てないんだ。基本的には練習でやってきたことを出すことだけを考えている」と常に対戦相手の対策はせず、自身のパフォーマンスを最大限に出すことだけを心がけているという。

 ロープスは「優勝したいのはもちろんだが、特に意識している選手はいない。最初に戦う神保だけに集中している」とトーナメント全体ではなく目の前の試合のみに集中していると語り、優勝するためには「単純に気持ちの面で負けないこと。強く勝ちたいという気持ちが一番大事だと思っている」と精神力の試されるトーナメントになると睨んでいる。

 最後に「僕のパフォーマンスを気に入ってくれることを望んでいる。そして優勝したい」とファンに向けてメッセージを送ったロープス。一戦必勝の精神を胸に勝ち上がり、トーナメントの台風の目となるか?

 

選手登録