2020.07.28

 7月28日(火)都内にて記者会見が行われ、9月22日(火・祝)エディオンアリーナ大阪で開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」の第2弾対戦カードが発表された。

 不敵な悪童がK-1に初参戦だ。今年の「K’FESTA.3」3.22さいたま大会に、出場選手の怪我を受けて急遽出場し、K-1ライト級王者の林健太を破った朝久泰央。その朝久とK-1ライト級スーパーファイトで戦うことになったのが、K-1 JAPAN GROUPではこれが2戦目となる関西の新鋭・弘輝だ。

 弘輝は「Krush.113」6.28新宿FACE大会でSEIYAにKO勝利。「関西からまた倒せるファイターが来たと覚えといてください」と豪語するなど、波に乗っている選手だ。

 会見の冒頭で、欠席した朝久から届いた「今まで味わったことのない痛みと絶望をリングの上で教えてあげようと思います」という挑発的なコメントを聞いた弘輝。すると「教えてほしいですね」と不敵に笑い、「あんま格闘技で挫折したことないんで。逆に向こうが挫折してまうかもしれんけど、ちょっと教えてほしいんで期待してます」と、逆に挑発的なコメントを放ってみせた。

 さらに、朝久を「なんか落ち着きない子ですよね。ちょっとやかましい蹴りが多いかなって感じ」と評した弘輝は、「倒せることを6月に見せちゃったんで、今回は何でもできるっていうところを見せてあげたいですね」と自信たっぷり。「まあ普通に失神KOを見せてやります」と、KO予告までしてみせた。

 今大会は2人が戦うK-1ライト級の試合が、タイトルマッチの林健太vsゴンナパー・ウィラサクレックをはじめ何試合か組まれている。現王者を倒した朝久は次期挑戦者の候補でもあるが、その朝久に勝てば、弘輝も候補の中に仲間入りするのは必至。中村拓己K-1プロデューサーも、「今回はライト級の試合が多い中で、今後のライト級戦線を占う重要な一戦になったと思う」と、俄然注目度が増した一戦になった。

朝久泰央
「皆さんこんにちは。朝久道場の朝久泰央です。今日は会見に出席できず、すいません。9月22日、大会当日はK-1ファンの皆さんに激しいファイトをお見せすることをお約束します。それから対戦相手の弘輝くんも、6月28日のKrushでいいスタートを切れて燃えていることと思います。そのほのかに燃え始めた炎を消すことになるのは心苦しいのですが、9月22日にはきっちりと今まで味わったことのない痛みと絶望をリングの上で教えてあげようと思います。まあせいぜい頑張って。とにかく俺が勝つ。押忍」
※会見欠席のためメッセージ代読。
 
弘輝
「ALL-WINの弘輝です。今回、相手は格上で、オイシイ試合なんでちょっと燃えてます。(朝久選手から『燃え始めた炎を消す。味わったことのない痛みと絶望を教えてあげる』というコメントが届いたが?)教えてほしいですね(ニヤリ)。あんま格闘技で挫折したことないんで。逆に向こうが挫折してまうかもしれんけど、ちょっと教えてほしいんで期待してます。(K-1初参戦、大阪大会への出場が決まった時の心境は?)K-1はそうですね、初参戦で。まあ、K-1に出られることが僕の中ででかくて、地元というか関西でしてもらえる。プラス、スーパーファイトでだいぶやる気あります。(周囲はどんな反応?)ウチのボスとかトレーナーは『挑戦やけどいけるやろう』っていう感じですね。信じてくれてるんで。

(対戦相手の印象は?)なんか落ち着きない子ですよね。ずっと手出して、足出して、落ち着きないかな。ちょっとやかましい蹴りが多いかなって感じですね。印象はそれぐらいです(朝久はキャリアが上の選手だが、その相手と戦うことをどう思うか?)キャリアとか実績とか、まあ彼はずっとK-1で戦ってきてたし、僕も見とったんで、朝久くんとできるんかって感じですけど。ただこれから絶対キャリア上の人と試合やっていくんで。みんな僕とやってないんでね。だから、キャリアも何も関係ないです。(この日はライト級のタイトルマッチもあるが?)どっちとも戦いたいんで。別にライト級のタイトルマッチがあるからどうとかじゃなくて、僕は自分のやることやって、次につながるようにして。そうすれば自ずとどっちともやることになると思うんで。

(今回はスーパーファイトでの出場だが、自分のどこをアピールしたい?)倒せるところを6月に見せちゃったんで、今回は何でもできるところを見せてあげたいですね、みんなに。大阪のファンの皆さんにどんな勝ち方・KOを見せたい?)まあ、普通に失神KOを見せてやります」

 

選手登録