2020.09.05

 愛知・岡崎のMEIBUKAIにて、9月22日(火・祝)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」の[スーパーファイト/K-1クルーザー級/3分3R・延長1R]で杉本仁と対戦する加藤久輝が公開練習を行った。

 無観客で行われた3月のKrush後楽園大会で、K-Jeeの持つKrushクルーザー級王座に挑戦した加藤は左ボディを効かされ1R KO負け。その1戦前=昨年12月のK-1名古屋大会ではK-JeeをKOしていた加藤がリベンジを許す結果となってしまった。

「試合当日の朝まで調子がよかったんです。失敗したのは無観客イベントになってメチャメチャ(大会の)流れが早くて、試合までの準備や食事の時間をミスしたことです。まだお腹がいっぱいで消化している途中で、正直全然動けなかったです(苦笑)。言い訳になるんですけど、そういった会場に入ってからの調整を失敗したと思います」

 加藤有利の予想が多かっただけに思いがけない敗戦となったが、「まずK-Jeeを褒めないといけないですね。あのタイミングでいいパンチを出して、綺麗にKOしたんですから」と潔い。「ただ僕も普段ならもう少し耐えられるはずなんだけど(苦笑)」とも言い、試合までの最終局面、直前のコンディショニングに関しては教訓となったようだ。

 その一方「左ボディをもらう前は結構いい感じでやっていたし、全然マイペースでいつも通りやれていたと思う」と振り返り「K-1は距離とタイミング・間合いに独特のものがあるので、それへの慣れが必要。K-1ルールの試合と練習を続けて、徐々にそれが出来るようになったと思います」と大道塾での空道および総合格闘技で培ったスキルのK-1対応は進んでいるようだ。

 今回はK-Jee戦以来の試合で半年ぶりの再起戦となり、杉本仁を迎える。もちろん目の前の杉本戦に集中しているが「僕はいまリベンジしたい選手が2人いる。カリミアンとK-Jeeとはもう1回やりたいです」と今後の戦いを見据えている。

「器用でタイミングがいいし、足技も豊富だし、いい選手だと思います。ただ、パワーで言うとそこまでないので、クルーザー級の選手にしてはパワー不足かなと思います。今は杉本選手に勝たないといけないし、先の後ことを言ってしまうのは失礼かなと思うのですが、無事に杉本選手に勝てば11月も試合に出たくて、11月も勝って、来年あたりにカリミアンとやりたいなと思います。僕はいまリベンジしたい選手が2人いて、カリミアンとK-Jeeはもう1回やりたいです」

 前回KOに沈んでも加藤のKO勝ちへのこだわり・信念は揺るがない。

「やっぱりクルーザー級でダラダラ、アウトボクシングして判定で勝っても誰も見たくないですよ。勝ったとしても人気が出ないし、クルーザー級の面白さも出てこない。僕も前回倒されたけど、ある意味仕事を果たしたと思うんです。倒すか倒されるか、そういう意味ではクルーザー級らしい試合はしていると思います。これから自分が急にスタイルを変えて、チョコチョコとジャブを出して、チョンチョンと前蹴りを出して、その回数で勝ちましたってそんな試合は僕もしたくないです。1発を狙っていって、ぶっ倒すのが僕の理想の勝ち方なので。杉本選手はタイミングがよく結構KO勝ちが多い選手なので、向こうもKOを狙ってくるだろうし、僕も判定でジャッジに勝敗を任せないようKO決着したいです」

 倒すか倒されるか――重量級のクルーザー級らしいファイトを今回も加藤に期待してよさそうだ。

「今はコンディションがいい感じで体が動けていて、全然年齢は関係ないし感じない。今は攻撃にパワーも乗ってます。あとはしっかり調整して怪我をしないよう、試合に出たいと思ってます。もちろん今回もKOを狙いにいきます」

 

選手登録