2020.09.23

 9月23日(水)「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K-1秋の大阪決戦~」の一夜明け会見が行われた。

 スーパー・フェザー級転向2戦目で西元也史と対戦したTETSU。2Rの終盤に右ストレートで西元をフラつかせるなど、持ち前のスピードだけでなくパワーがついたところも見せ、判定3-0で勝利を収めた。

 これでスーパー・フェザー級で2連勝となったTETSUは、「とにかく自分の中で楽しむことを目標にしていて、楽しむことができた」と、笑顔で試合を振り返った。そのうえで「全然フィジカルが足らへんなと動画を見て思ったし、まだまだ成長できる部分しかない。これからも60kgでがんばっていきたい」と力強く言い放った。

TETSU
「昨日の試合はとにかく自分の中で楽しむことを目標にしていて、楽しむことができました。(自分の試合を映像で見た感想は?)自分で映像を見て、足りへん部分ばっかり見えてしまったというか。いいところもあったかなと思うんですけど、やっぱりまだまだ成長できる部分がいっぱい見つかったと思うので、これからが楽しみです。(今回は月心会の三連勝の皮切りになる勝利だったが?)絶対に月心会で3連勝しようということを、みんなで有言実行できてうれしいです、僕もいいスタートダッシュが切れてよかったと思ってます。

(今後の目標は?)強い相手に勝つことができたんで、これからもっともっと強い相手をぶつけてきてほしいなって思ってます。(具体的に戦いたい相手は?)60kgはメチャメチャ強い選手ばっかりいるので……そんな感じです(笑)。(60kgでの手応えは?)やっぱり、まだ全然フィジカルが足らへんなっていうのは動画を見て思ったし、まだまだ成長できる部分しかないなってことで、これからも60kgでがんばっていきたいと思ってます。

(ファンにメッセージを)昨日は応援ありがとうございました。みんなと一緒に楽しい、入場とか試合とかできて、よかったです。これからもベルト目指してがんばっていくんで、応援よろしくお願いします。ありがとうございました」

 

選手登録