2021.05.31

 5月31日(月)都内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K-1バンタム級日本最強決定トーナメント~」横浜武道館大会の一夜明け会見が行われた。

 神保克哉はスーパーファイトでブハリ亜輝留と対戦。1R、前に出てきたブハリに対し、神保は被弾しながらも左フックを効かせると、右ストレートと左フックを連打。倒れたブハリは立ち上がろうとするも、レフェリーが試合をストップし、神保が鮮やかなKO勝利を収めた。

 神保は体格差のある相手からの快心の勝利について「事前にいろんな人から『体格差ヤバイでしょ』みたいな、メチャメチャ言われてたんですけど、自分も顔面だったら一番強そうって言われるんで、そこは負けてないかなって」と笑みを見せつつ、「一発もらって、スイッチが入ったっすね」と振り返った。

 そして、あらためて「ホントにあとは新階級を設立してもらって、チャンピオンになるだけかなと思うので」と、-75kg・新階級設立への思いをアピールした。

神保克哉
「(試合の感想は?)昨日はチャンスをすぐいただいて、期待に応えられる試合ができたかなって思ってます。あとは、新階級を設立してもらうだけかなって思います

(体格差のある相手だったが?)事前にいろんな人から『体格差ヤバイでしょ』みたいにメチャメチャ言われて。自分もいままで観たなかで体格は一番強そうだなって思ってたんですけど、自分も顔面だったら一番強そうって言われるんで、そこは負けてないかなって思ってたんで(笑)。それが試合に出たかなと思ってます。

(打ち合いに行ったのはいけると思ったから?)そうですね。一発もらって、ちょっと火がついたというか、スイッチが入ったっすね。最終的には気合いっす。(KO勝ちした心境は?)さんざん周りに言われてきて、メチャクチャ今回やってきたんで。それでKOにつながったんで、メチャクチャうれしかったです。(あらためて新階級設立への思いを)ホントにあとは新階級を設立してもらって、チャンピオンになるだけかなと思うので。もう、待ち遠しいです」

 

選手登録