2021.10.29

 12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)で開催される「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN」の[スーパーファイト/-73kg契約/3分3R・延長1R]で神保克哉と対戦するEITOのインタビューを公開!

――出身地の大阪で行われるK-1への出場が決まりました。

「やっと地元・大阪のリングに上がれるということで楽しみでしかないですし、100%の自分をやっとお披露目できるかなと思ってます。今回はしっかり準備期間もあるので、 本来の自分のスタイル、本当のテクニック、全てを見せられるかなと思ってます」

――前回3月「K'FESTA.4 Day.2」は木村“フィリップ”ミノル選手の欠場を受けての緊急出場でしたが、今回は違うと。

「はい。今はこの試合が発表されて『なんでコイツなん?』って、みんな思ってるかもしれないですけど、試合では『EITO、ヤバイな!』とか『EITOの試合は面白いな』ってところを内容と結果で証明して、リングの上から『見たか!』って叫んでやります。あとは自分が結果を出すことで、K-1を目指している選手たちの目標やお手本になれればいいかなと思いますね。“諦めなかったら絶対行けるから”というのを証明したいです」

――EITO選手もK-1にたどり着くまでに色んなものを乗り越えてきた?

「そうですね。本当にいろんな人が手を差し伸べてくれたから、今の自分があると思います。その人たちに感謝して毎日を過ごしてますし、そのなかで大阪大会出場という目標がやっと叶ったので、この舞台で化けてやろうと思ってます」

――対戦相手も連勝中の神保選手というのもやりがいがあると思います。

「全然臆することはないし、会見では相手が僕のことを舐めていたので、試合で分からせてやろうと思います。こっちも真っ向勝負はのぞむところですよ。ここで僕も負けられないし、神保選手がこれまで75㎏を盛り上げてくれたなら、それを俺が全部頂こうと思ってます」

――お互い今から闘志が出ていて、短い時間で決着が尽きそうです。

「ホントに『見ててください』っていう感じです。来年それこそK-1で75㎏のトーナメントがあればメチャクチャ面白いと思うので、ぜひ期待してください」

――EITO選手としても新階級創設に向けて、この試合で火を点ける、と。

「そうですね。大阪は打撃の街だと思うので、打撃の大阪・関西で、しっかり原点に帰って殴り合いをしようと思ってます」

 

選手登録