2021.12.05

 12月5日(日)大阪府内にて、「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチ~」エディオンアリーナ大阪大会の一夜明け会見が行われた。

 第7試合ではムエタイルールを中心に3本のベルトを持つ☆SAHO☆が、K-1初参戦で真優と対戦。互いに1Rから意地をぶつけ合った一戦は、☆SAHO☆が体力でねじ伏せ、判定3-0(三者とも30-27)で勝利を収めた。

 初参戦でインパクトを残した☆SAHO☆は、「2Rにせっかくダウン取ったのにそこで倒しきれなかったのが後悔。次はもっと倒せる選手になる」と反省を見せつつ試合を振り返った。また、K-1での戦いについては「リングチェックしたときに狭いなっていうのが実感。コーナーに詰めれるので、ワクワクした」と適性を感じたという。

 そして、目標と掲げるKANAの保持するK-1 女子フライ級王座挑戦に話題が及ぶと、「次に試合が組まれたとしても、昨日以上の試合をして、最短でKANA選手のベルトを獲る。来年までにそういうチャンスがもらえたら」と、あらためてアピールした。

☆SAHO☆
「まず、今回の自分の目標がインパクトを残すことだったんですけど、昨日の試合で残せたとは思ってるんですけど、2R、せっかくダウン取ったのにそこで倒しきれなかったのが一番後悔が残ってるっていう感じです。次はもっと倒せる選手になるように、もっと練習がんばるんで応援お願いします。(K-1初参戦・初勝利で周囲の反響は?)やっぱりコメントとかも反響もメチャクチャすごくあって。ビックリと同時にメチャクチャうれしい気持ちでいっぱいですね。

(K-1のリングやルールについては?)まず印象に残ったのがリングチェックしたときに狭いなっていうのが実感で。打ち合ったりとかしたらすぐコーナーに詰められるので、これはおもしろいなっていうのでワクワクっていうのがありましたね。(あらためてKANA選手へのベルト挑戦については?)その目標は自分の中では代わりはないので。今回の試合でインパクト残せたと思うんで、次に試合が組まれたとしても、昨日以上の試合をして、最短でKANA選手のベルトを獲って自分がチャンピオンになろうと思ってます。

(来年の目標はベルト挑戦?)そうですね。来年までにそういうチャンスがもらえたら一番最高なんですけど。とにかく、1試合1試合をインパクト残していって、タイトルマッチ組まれたら必ずベルトを獲りたいと思ってます」

 

選手登録