2022.04.04

 4月4日(月)都内にて、昨日開催された「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~K’FESTA.5~」の一夜明け会見が行われた。

 第14試合のK-1フェザー級スーパーファイトで、斗麗に延長判定勝利を収めた、K-1フェザー級王者・軍司泰斗。試合はカメをスイッチしつつ蹴り技を放つ斗麗に、軍司は中に入れない状況が続き、勝負は延長戦へ。延長ではパンチをまとめ、圧をかけ続けた軍司が、王者としての意地を見せて勝利した。

 軍司は「チャンピオンになってからの初戦ということもあって、KOを狙っていたけど、判定勝ちで延長になってしまって、改善すべき点かな。内容もダメダメだった」と反省しきり。王者として初陣のプレッシャーと斗麗の飛びヒザ蹴りを警戒しすぎたことが、苦戦の要因で、一撃で倒せる武器が少ないことも課題だ。

「僕はKO以外は負けだと思っている。次から改善出来るようにしたい。試合中も考えることが多かったのですが“無”で戦えば自ずとKOは出てくるのかな。何も考えずに倒しにいけば次はKO出来ると思っています」と、次戦はKO勝利を目指すとする。

 K-1王者として、様々な選手からの挑戦を受ける立場となった軍司。今後については「追われている立場ですが、僕は挑戦し続けて強い選手とやっていきたい。日本人選手だけじゃなくて、外国にも強い選手がいっぱいいる。そういう選手に勝てるように練習していきたいです」と、更なる強豪との対戦を見据えた。
 
軍司泰斗
「(昨日を振り返って)チャンピオンになってからの初戦ということもあって、KOを狙っていたけど、判定勝ちで延長になってしまって、そこが改善すべき点です。内容もダメダメだったので、そこも直していこうかなと思った試合ですね。(苦戦した要因は?)プレッシャーもありましたし、飛びヒザを警戒しすぎて中に入れなかった。自分も1発で倒せる武器が少ないなとも感じました。僕はKO以外は負けだと思っているので、今回の試合は負けだと思っています。次から改善出来るようにしたい。

(チャンピオンとして狙われる立場となったことについて)追われている立場ですが、僕は挑戦し続けて強い選手とやっていきたい。日本人選手だけじゃなくて、外国にも強い選手がいっぱいいる。そういう選手に勝てるように練習していきたいです。

(斗麗のどの部分が戦いにくかったか?)距離を取ってくるの、ミドルは重くて入りづらかったです(倒しに行く気持ちが空回りした?)無理に行こうと思っていたけど中に入らず、やりづらさが残って空回りした。(次はKOできる感触は?)試合中も考えることが多かったのですが“無”で戦えば自ずととKOは出てくるのかな。何も考えずに倒しにいけば、次はKO出来ると思っています」

 

選手登録