2022.05.28

 福岡・KINGS GYMにて、6月25日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される“K-1初の女子大会”「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS」の[日本vs世界・3対3/K-1女子アトム級/3分3R・延長1R]でマリーヌ・ビゲイと対戦する山田真子が公開練習を行なった。

 昨年11月のKrush後楽園大会以来、約7カ月ぶりの試合となった山田。前回はチャン・リーに勝利した一戦だったが「相手の対策に対応するのにすごい必死で、自分のやりたいこととか全然できてなかった。客観的に見てつまんなかっただろうなって思いますね。見せ所もそげん(そんなに)作れんやったし」と試合内容には不満げ。

 次戦に向けて「自分のやれてなかったところ、自分のスタイルは崩さずにプラスアルファで色々取り入れている」とファイトスタイルをブラッシュアップし「練習の中では自分で感じる部分があるんで、次の試合がすごい楽しみです」と仕上がりは順調だ。

 今大会では日本vs世界・3対3の一員に選ばれた。山田は「☆SAHO☆選手・高梨knuckle美穂選手という素晴らしい選手と肩を並べて日本代表として大会に出場できることがすごい嬉しい」と喜びを語る一方「それだけ責任感を感じますね。責任感と覚悟を持って3分3Rしっかり戦いたいと思います」と気を引き締める。
 対戦相手のビゲイはフランス発祥の格闘技「サバット」の出身選手。蹴り技が多彩でパンチのカウンターを得意にしているという。山田も「蹴りがウザそうで左ストレートも伸びる」と警戒しつつ「しっかりやれば問題なく勝てる。3Rかける気はないです」ときっぱり言い切った。

「(ビゲイの印書は)サウスポーなのと、本当素晴らしい選手だなって試合の映像を見て思いました。でも、自分が今やってることをしっかりやれば問題なく勝てると思います。自分に与えてもらった3分3Rは大事に戦いたいと思ってるんですけど、3Rかける気はないんで。それはすごい楽しみです。1Rからいってやろうと思ってます。

(相手のテクニックについては)蹴りがすごいウザそう。試合を見ていて相手が蹴りを嫌がってるのを感じました。あとパンチが伸びる。左ストレートがすごい伸びてるなって思いました、記者会見の時に相手の選手が意気込みで『左ストレートを当てる』的なことを言ってましたけど、いやいや当たらんけんって思いました。パンチでくるならこっちも退けないです。

 ボクシングの世界戦の相手が韓国のチャンピオンだったんですけど、ヨーロッパの選手とやるのは初めて。特に意識してることはないんですけど、海外の選手と戦う機会は滅多にないと思うから、パワーだったり、フィジカルだったり、戦いながら実際に感じてみたいですね」

 同大会では山田と同じ女子アトム級の初代王座決定トーナメントも開催される。「自分の階級のベルトが作られて、トーナメントがある。その記者会見を目の前でやってて、正直『は?』っていう気持ちはありました。でもこうして日本vs世界の試合が決まって、自分の試合を見てもらって、大会が終わった時に『次の挑戦者は山田やろ』って思ってもらえるようにやっちゃるって感じです。(トーナメントの選手には)負けんですね、絶対負けん」と闘志を燃やす。

 今回はK-1として初の女子大会だ。K-1 JAPAN GROUP参戦前にはプロボクシング・キックボクシングでもキャリアを積んできた山田は「K-1で初の女子大会が開催されて、それだけ女子格闘技が盛り上がってると思うし、人口も増えてきたと思います」。記者会見でも「“女子だから”となめられたくない」と発言していたが、この日も「女子の試合はおもんないやろと思っている人たちにもなめんなよ!というところを見せる」と反骨心をのぞかせた。

「(K-1女子大会をどんな大会にしたい?)やっぱり女子格闘技だけじゃなくて、普段の生活から”女子だから”って”女やけん”って思われる場面が多々あると思うんですけど。女子やけんこそ見せれるところもあると思うんで、しっかり出場する選手皆で最高の大会にして、今回だけじゃなくて次に繋げられるようにやっていきたいです。

(会見では『女子だからといってなめられたくない』というコメントもあったが)自分が外構の仕事をしてたり、ちっちゃい頃から格闘技やってるんで男の中でやることが多いんですけど、女の子やけんて、女子やけんて、なめられることとかけっこうあるんで、いやいやなめんなよって。お前よりできるわってところを見してやりたいなって。なんか女子大会に対しておもんないやろとか色々な声があるのを目にして、個人の意見なんで全然いいんですけど、そういう人たちに対してもなめんなよっていうところを見せたいです」

 最後に「いつも応援ありがとうございます。女子大会で日本vs世界の対抗戦に選んでいただいたからには責任感と覚悟を持ってしっかり戦いたいと思います。今回3分3分かける気もないし、女やけんなめんなよって発言してるからには、それ相応の試合をしっかり見せるんで、当日は楽しみにしててください!」とファンにメッセージを送った山田。この言葉通り、K-1女子大会のリングで“熱い”戦いを見せられるか?

 

選手登録