2022.06.14

 6月14日(火)都内にて、8月11日(木・祝)に福岡・福岡国際センターで開催される「ECO信頼サービス株式会社PRESENTS K-1 WORLD GP 2022 JAPAN」の第1弾対戦カード発表記者会見が行なわれた。

 元K-1&Krushクルーザー級王者・K-Jeeと無差別級トーナメント準優勝の谷川聖哉によるクルーザー級日本人No.1決定戦と言える試合が決定した。K-JeeはK-1九州大会に3年連続出場で、九州大会の顔と言ってもいい存在。

 前回4月の「K'FESTA」では無差別級トーナメントではマハムード・サッタリに敗れたが、地元九州からの再起を図る。「今回圧倒して勝って、外国人選手を倒す日本人の姿を見せたい」と、自他共に認めるK-1福岡大会の顔として気合も十分だ。

 一方の谷川はK-Jeeと同じ無差別級トーナメントに出場。ANIMAL☆KOJIと加藤久輝に勝利して決勝進出を果たしたが、決勝でサッタリに敗れはしたものの準優勝という結果を残した。「K-Jee選手を倒せば名実ともに日本人重量級のエースと言っていい」と、下剋上を狙い「僕が新しいスターになる」と覚悟も決まっている様子だ。

 K-Jeeと谷川は去年のK-1大阪大会で対戦予定だったがK-Jeeの負傷欠場で試合が流れた因縁もある。これからvs世界を見据える中で、どちらがクルーザー級日本人エースになるのか注目だ。

K-Jee
「今年でK-1福岡大会は3年目です。ECO信頼サービス樋口龍二会長、いつもK-1とK-1選手の応援をしていただいてありがとうございます。福岡大会でというか、谷川選手は特にやりたい相手というわけじゃないんですけど、一度組まれた相手で自分の怪我でなくなった試合なので自分なりのケジメとしてこの試合を受けました。正直、もう外国人選手も来ることができるし、そういう強い相手に挑戦していきたいと思っているので、今回圧倒して勝って、これからはみんなが見たい外国人選手を倒していく日本人の姿を見せていきたいと思っています。

(無差別級トーナメントでの相手の印象は)自分はあまり調子が良くなくて、1回戦勝てませんでした(苦笑)。谷川選手が決勝まで行ったこと、試合に勝ったことは評価します。ただその分いっぱい相手の試合を見ることができて、いっぱい分析できるので。そういう印象です。(フェザー級トーナメントがあるなかで、重量級としてどんな試合をしたい?)フェザー級とクルーザー級は階級も違うし、その違いは見たら分かると思います。何を見せたいというより純粋に見て何が違うのか、面白さの違いを見てる人に楽しんでもらいたいと思います。

(九州大会の顔として出ることになると思うが)福岡大会は俺が一番盛り上げてやるっていう気持ちが強いので。そこは強く思っています。(前回対戦が決まった時の会見で右フックでのKO宣言もあったが?)そういえばそんなこと言ってましたね(笑)。めちゃくちゃどうでもいいんだけど、前回そう言ったので右フック狙って頑張ります」

谷川聖哉
「今週の日曜日、大きい一大イベントがあって、そこでK-1の選手たちが圧勝してくれると思うので、そこが一つの格闘技界の節目・区切りと思っていて、そこからは重量級が盛り上がるというか、僕が新しいスターになりたいと思っています。K-Jee選手を倒せば名実ともに日本人重量級のエースと言っていいと思っていて、コロナも明けて海外の選手も入って来れると思うので、ベルトはまだ持っていないんですけど、しっかりそこで外国人選手に勝っていってベルトを獲っていきたいと思います。

(無差別級トーナメントでの相手の印象は)結果だけ見れば準優勝と一回戦負けっていう感じなんですけど、負けた相手が一緒なのでそこは気を抜かずに。あまり調子良くなかったのかと思って見てました。(フェザー級トーナメントがあるなかで、重量級としてどんな試合をしたい?)トーナメントは運やドラマ性もあると思うんですけど、ここでK-Jee選手を倒せば日本人最強と言われると思っているので、その決定戦として見ててほしいですかね。重量級らしいパワーとかスピードを見てほしいです。(前回対戦が決まった時の会見で右ハイキックでのKO宣言もあったが?)右ハイキックというか、蹴りで倒すのが自分の特徴だと思ってるので、右ハイキックもしくは上段の蹴りで倒せればいいかなと思ってます」

 

選手登録