2022.06.25

 6月25日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館にて「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS」が開催された。

 今大会は全試合が女子選手で組まれた“K-1初の女子大会”。女子フライ級王者・KANAのタイトルマッチをはじめ、初代女子アトム級王座決定トーナメント、日本vs世界・3対3、K-1 JAPAN GROUP育ちの選手vsK-1 JAPAN GROUP以外でもキャリアを積む選手など、プレリミナリーファイト・本戦合わせて全20試合が行われた。

 メインイベントは女子フライ級王者・KANAの初防衛戦。素手で戦う世界一危険な立ち技格闘技=ミャンマーラウェイの世界王座を保持するスーリ・マンフレディの挑戦を受けた。試合はKANAが1Rに2度のダウンを奪って、そのまま勝負ありかに思われたが、ラウンド終盤にマンフレディが右フックを叩き込んで、KANAが大きくバランスを崩す。

 2R以降も両者はスリリングな打ち合い展開し、3RにKANAが鮮やかな左ハイキックでマンフレディをKO。見後なKO劇で王座防衛&メインを締めくくると「K-1のチャンピオン、メインイベント、KOじゃなきゃダメでしょ。K-1最高!」と叫んだ。

 初代女子アトム級王座決定トーナメントには菅原美優、松谷綺、MIO、パヤーフォン・アユタヤファイトジムの4選手がエントリー。一回戦でMIOを下したパヤーフォン、松谷を下した菅原が決勝で激突。試合は延長戦までもつれる接戦となり、菅原を振り切ったパヤーフォンが初代王座の栄光を掴んだ。

 ☆SAHO☆、高梨knuckle美穂、山田真子の布陣で臨んだ日本vs世界・3対3は、初戦で山田がフランスのマリーヌ・ビゲイに勝利したものの、第2戦で高梨knuckle美穂はトルコのエリヴァン・バルトに敗れる。第3戦の☆SAHO☆vsオーストラリアのジャシンタ・オースティンは互いに真っ向勝負で打ち合う“これぞK-1!”という激闘となったが、1Rにダウンを奪ったジャシンタが☆SAHO☆から勝利をもぎとった。

 なお今大会では第11試合(櫻井梨華子vs鈴木万李弥)にゆりやんレトリィバァさんがスペシャルラウンドガールとして登場し、大会を盛り上げた。

☆全試合結果・写真・レポート
https://www.k-1.co.jp/result/16576/

 

選手登録