2022.06.26

 6月26日(日)都内にて、昨日国立代々木競技場第二体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN~RING OF VENUS~」の一夜明け会見が行われた。

 第4試合では極真空手出身でM-1 JAPAN女子ライトフライ級王者のケイトが、K-1 JAPAN GROUP初勝利を目指すKAIと対戦。166cmと長身のケイトは、1Rから自分の距離を保って打撃をヒットする。ケイトは多彩な打撃で主導権を譲らず、判定3-0で、ケイトが勝利をつかんだ。

 プロ4勝目を上げたケイトだが、「倒せる場面が何回もあったのに。一回は倒して会場をもっと盛り上げたかった」と悔しさをにじませる。具体的には「ジャブがよく入ったので、それに頼っちゃって、もっと蹴りをうまく使えるようになりたい」と反省点を上げた。

 また、メインのKANAがKO勝利を飾ったタイトルマッチの感想を問われると、「最後にバチッと決めて、会場をすっごい盛り上げてたんで、さすがだなって思いました」と称賛し、今後については「もっと観ている人が楽しいと思えるような試合がしたいなって思ってます」と、さらなる成長を誓った。

ケイト・ウィラサクレック
「(試合の感想は?)昨日は倒せる場面が何回もあったのに、一度も倒せなくてすごい悔しいです。(勝って一夜明けた気分は?)勝ててうれしいんですけど、一番は会場を盛り上げたいっていうのがあったんで。一回は倒して会場をもっと盛り上げたかったですね。(K-1での初勝利に関して周りからの反響は?)とりあえず勝っておめでとう、カッコよかったよとか言われるんですけど、オマエもっと倒せただろっていうのが一番言われますね。

(自分の試合を映像で観て、よかった点と悪かった点は?)ジャブがよく入ったので、それに頼っちゃって、蹴りが全然出せなくて。もっと蹴りをうまく使えるようになりたいって思いましたね。(メインのタイトルマッチを観た感想は?)さすがだなって思いましたね。K-1を引っ張ってきたKANAさんは。最後にバチッと決めて、会場をすっごい盛り上げてたんで、さすがだなって思いましたね。(これからの目標と、K-1の女子大会をどうしていきたい?)もっと観ている人が楽しいと思えるような試合がしたいなって思ってます」

 

選手登録