「KHAOS.5」5.26(土)新宿<関東vs関西 全面戦争>関西・近藤拳成の圧勝宣言に対して、関東・東本央貴「楽しみにしとくわ」

2018.05.25

 5月25日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・新宿FACE「KHAOS.5」の前日計量・記者会見が行われた。

「関東vs関西 全面戦争」の次鋒戦は関西出身ながらK-1 GYM SAGAMI-ONO KREST所属・関東勢として登場する東本央貴と約9カ月ぶりの復帰戦となるK-1甲子園2016 -65kg王者・近藤拳成の一戦だ。

 昨年8月のKrush名古屋大会以来の復帰戦となる近藤は「明日は一番インパクトを残して勝ちたいと思います」と挨拶。今大会からライト級に階級を下げることになり「いつもより減量が多かったんですけど、練習と減量していく中で調子がいいなと感じています。減量は問題なかったので、ここから回復して試合で爆発したい」と仕上がりの良さをアピールし「試合を休んでいる期間に自分の弱さとしっかり向き合ってきたので、強くなった自分を見せたいと思います」と自らの成長にも自信をのぞかせた。

 一方の東本も3月の中国遠征でKO負けを喫しており、こちらも再起戦となる。「前回の試合どうこうではなく、打ち合って倒すことをテーマにして練習してきた」とKOでの復活を誓う東本は「しっかり殴り合って倒すことを練習をしてきて、倒す自信もついたんで、あとはそれを試合で出すだけやなって感じです」と明日の試合に向けて闘志を燃やした。

 この東本の打ち合い宣言について質問を受けた近藤は「僕は打ち合いじゃなくて一方的に倒せると思っているので、打ち合いでもそうじゃなくても倒して勝ちます」と断言。これには東本も「一方的に勝つと言っとたけど、楽しみにしとくわ」と睨みをきかせた。

 今回の対抗戦では大会を生中継するAbemaTVより勝利者チームに合計20万円の賞金を与えられることが決定。また東本・近藤どちらも関西出身で、12月に開催されるK-1大阪大会に向けたアピールの場でもある。それぞれ地元でのK-1出場に向けて「大阪大会には絶対に出ると決めているので、今回の試合は落とせない」(東本)、「12月のK-1大阪大会には弟(近藤魁成)と一緒に出る」(近藤)と語った。

東本央貴
「今回は勝利者チームに賞金があるので、僕以外の選手にもしっかり頑張ってもらって、関東チームで20万円を持って帰ろうかなと思います。(K-1大阪大会について)絶対に出ると決めてやっているので、今回の試合は落とせません。しっかり勝ちます。(ファンの皆さんへのメッセージは?)僕も関西人なんで、関西の人たちにも応援してもらえたらうれしいです。明日は楽しみにしとってください」

近藤拳成
「(勝利者チームの賞金の使い道は?)減量が多かったので、おいしいものをいっぱい食べたいと思います(笑)。(K-1大阪大会について)僕はずっと大阪で練習して、大阪から関東に出てきて試合をしていて、12月のK-1大阪大会には弟(近藤魁成)と一緒に出たいと思います。(ファンの皆さんへのメッセージは?)しっかり会場を盛り上げて、必ず僕が勝つので応援よろしくお願いします」

 KO決着を予告した2人の一戦は果たしてどうなる!?

 

選手登録