「KHAOS.5」5.26(土)新宿<関東vs関西 全面戦争>再起をかける2人が中堅戦で激突!関東・小鉄「明日は平山選手をゴリゴリにぶっ潰す」vs関西・平山迅「もうゴリゴリは止めた。一か八かの打ち合いはせずに倒しに行く」

2018.05.25

 5月25日(金)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・新宿FACE「KHAOS.5」の前日計量・記者会見が行われた。

「関東vs関西 全面戦争」の中堅戦は3月に「K'FESTA.1」出場を果たすも木村“フィリップ”ミノルにKO負けを喫した平山迅と、ウェルター級に転向して連敗からの脱出を図る小鉄による、共に再起を賭けた一戦だ。

 激闘派の両者、小鉄は「明日は平山選手をゴリゴリにぶっ潰そうと思ってます」と真っ向勝負を宣言。今回は久しぶりのウェルター級での試合となったが「今回は1カ月ぐらいかけてしっかり減量して、食べるものも考えて(身体に)いいものを食べてやってきたんで、良い感じです。最後は減量がきつかったですけどしっかり落とせました。(ジムワークでの変化は)走り込みのタイムがいつもより早かったです」と手応えを感じている。

 対する平山は小鉄の真っ向勝負宣言に対して「小鉄選手からはゴリゴリで自分を倒すと言われましたけど、僕はゴリゴリを止めました」と意外な発言。「今の自分は結果を残さないと駄目だということを一番に考えないといけない位置に来ている」と危機感を募らせる平山は「自分は12月のK-1大阪のリングに必ず立たないといけない。練習内容も打ち合いだけじゃなくて、自分の良い部分・悪い部分を色々なところから考えた練習をしてきた。今までの課題というか、ゴリゴリで打ち合ったら正直一か八かの部分もあるんで、それじゃ駄目だと思う」と、結果を残すための練習に取り組んだことを明かし、今までの博打的な打ち合いからのスタイルチェンジを予告した。

 平山の思わぬ発言に小鉄は「僕は最初から最後まで倒しに行きますよ。だから今の平山選手のコメントを聞いて正直がっかりしてますね。まあ逃げないで欲しいなと思ってます」と平山を挑発。この小鉄の発言で闘志に火がついた平山も「ゴリゴリは止めると言いましたけど、僕は逃げはしないですよ。変な打ち合いはせえへんってだけで。僕は変わらず倒しにいくんで、そこは忘れんとって欲しいですね」と語気を強めた。

 今回の対抗戦ではAbemaTVより勝利チームに賞金20万円が贈呈され、両者は「ラーメンのトッピングを豪華にする」(小鉄)、「和菓子が好きなんで和菓子に使う」(平山)とコメント。一瞬、会見場が温和な空気に包まれたが、今後の目標を聞くと小鉄は「今はこの試合が全てだと思っているので、この試合でどうなるか楽しみです。本当の意味で覚悟を持って試合に臨む」、平山は「関西のウェルター級は自分だと思うんで、12月のK-1大阪に向けてここでしっかり結果を残す」と険しい表情で語った。

 共に再起を賭けた2人の激突となった中堅戦。勝利して再浮上のきっかけを掴むのはどちらだ!?

 

選手登録