平山迅、自分のペースを貫く新スタイルで復活のKO勝利!「今回負けていたら次はないと思って戦った。K-1大阪大会は俺がいないと面白くないだろうし、大阪大会に向けて結果で見せていきたい」

2018.05.27

 5月27日(日)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・新宿FACE「KHAOS.5」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会では<KHAOS of WAR>関東vs関西・全面戦争が行われ、3勝2敗で関西勢が勝利。関東勢の2連勝という後がない状況で中堅戦に臨んだ関西・平山迅は、関東・小鉄を右フック一撃でなぎ倒す豪快なKO勝利で関西勢の巻き返しにつなげた。「ずっとK-1・Krushで試合をしてきたんですけど、実は一夜明け会見に出るのは今回が初めてで新鮮な気持ち」とリラックスした表情の平山は、一夜明け会見で小鉄戦を振り返った。

「今回は関西の若手選手に自分の背中を見せる覚悟でやりました。しっかり自分の背中を見せられたかなと思うし、自分自身、負けが続いている中で勝ちを見せられたかなと思います。

 昨日の試合後は皇治と応援してもらっている人たちと一緒に飯に行って、それからはホテルでゆっくりしていました。皇治からは『ようやったな』が一言目で、関西代表として結果を残したことも『ええやんけ』と言われました。正直、今回負けていたらK-1大阪大会のチャンスもなくて、次はない感じやったんで(皇治は)褒めてくれましたね。

 前日会見でも言った通り自分のペースを貫いて狙うところは狙う。しっかりそれを遂行できたかなと思います。小鉄選手からは『逃げ回らないでほしい』と言われましたが、僕は逃げ回っていなかったし、逆に圧力もかけていたと思います。そこも有言実行かなと思っていますね。(関西勢が2連敗という状況でプレッシャーはなかったか?)僕も昨日の関西チームの中で一番おっさんで、プレッシャーを力に変えるキャリアも積んでいます。見てもらったら分かる通り、しっかり仕留めて勝つことができたんで、プレッシャーを力に出来たかなと思います」

 平山は12月のK-1大阪大会出場へ向けて「12月は僕がいないと面白くない部分もあると思います。まだまだ若手には追い付かれへんような戦いを見せていくし、そういう意味でも自分がいないと(K-1大阪大会は)始まらへんかなと思います。これから12月に向けて結果で見せていきたいです」と再アピール。「ちゃんと準備期間を設ければもう一階級下げてもいけるんちゃうかな」とウェルター級からスーパー・ライト級への転向も視野に入れていることを明かした。
 見事なKO勝利で連敗脱出を果たした“反逆のハードヒッター”平山。ここから勝ちを積み重ねてK-1大阪大会出場の切符を掴み取ることが出来るか?

 なお自身のSNSで現役引退を示唆するコメントを残していた小鉄について、宮田プロデューサーは「(小鉄が所属するK-1ジム目黒TEAM TIGERの)内田康弘会長とも話をしたのですが、今はジムと小鉄くんで話をしてもらいたいなと。小鉄くんは年齢的にも色んなことに折り合いをつけてキャリアを続けているところだと思いますし、リタイアするしないは個人が決めることだと思いますが、個人的にはまだ小鉄くんの試合を見たいと思います」とメッセージを残している。

 

選手登録