東本央貴、諦めない気持ちが試合終了直前の逆転KO勝ちを呼び込んだ!「僕は泥臭い試合しかできない。最後まで諦めずに左ストレートを信じて当てることが出来たと思う」

2018.05.27

 5月27日(日)東京・新宿区のGENスポーツパレスにて、東京・新宿FACE「KHAOS.5」の一夜明け会見が行われた。

 昨日の大会では<KHAOS of WAR>関東vs関西・全面戦争が行われ、3勝2敗で関西勢が勝利。次鋒戦では劣勢だった関東・東本央貴が試合終了間際の左ストレートで関西・近藤拳成から逆転KO勝利を収めた。

 一夜明け会見に出席した東本は「あのままやったら負けていた試合やったんで、最後は気持ちだけで打ったパンチでした。最後まであきらめんでやったことが結果につながったんで自分を褒めてやりたいです」と気持ちでもぎとった逆転勝ちだったと自己分析。

「試合始めの動きも悪かったんで反省点の方が多いんですけど、しっかり最後は自分の左ストレートだけを信じて、それを当てられたから練習の成果を出たんかなと思います。自分は天才じゃなくて凡人で、綺麗に戦うことは出来ないし、泥臭い試合しか出来ません。左ストレートが武器なんでそれを当てることを目標にやってきて当てられてよかった」と語るほどの必死に掴んだ勝利だった。

 これで東本は昨年から続いていた連敗をストップし「今は負けたあとと勝ったあとはこんなに気持ちが違うんや、と思って清々しい気持ちです」。12月のK-1大阪大会、そして現Krushライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレックについて「自分はK-1大阪大会に出る気でやってきたんで、これはいいアピールできたかなと思います。このあと試合があるかどうか分からないですけど、しっかりまたアピールできたらいいなと思います。またKrushではゴンナパーにベルトが移ったんで、そこに向けて日々頑張っていきます」と再浮上に燃えている。

 

選手登録