「K-1 KHAOS NIGHT.9」9.27(金)新宿<K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦>格闘代理戦争・岡嶋形徒「格闘代理戦争のメンバーは仲間でありライバル。プロのリングでもハズレがない試合をする」

2019.09.09

 9月27日(金)東京・新宿FACEにて行われる「K-1 KHAOS NIGHT.9」の[K-1選抜vs格闘代理戦争・7対7全面対抗戦・先鋒戦/K-1 KHAOS NIGHTフェザー級/3分3R・延長1R]でK-1選抜・秀樹と対戦する格闘代理戦争・岡嶋形徒のインタビューを公開!

──改めて格闘代理戦争を振り返って、自分にとってどんな経験になったと思いますか?

「試合に関して言うと、アマチュアではスネパットや防具をつけるんですけど、格闘代理戦争ではスネパットなしだったんで、そういうルールを経験できて良かったです」

──岡嶋選手はK-1アマチュアでも実績を残していますが、トライアウトに出ようと思ったのは何がきっかけだったのですか?

「会長に『こういうのがあるけど出てみるか?』と言われて、自分も出てみたいなと思いました」

──格闘代理戦争では試合だけでなく、色々な取材や撮影もあったと思いますが、それについてはいかがでしたか?

「そうですね……緊張しましたね。でも何かちょっと調子に乗れました(笑)」

──そして今回“格闘代理戦争vsK-1選抜”としてプロデビューが決まりました。最初にデビュー戦の話を聞いた時はどんな心境でしたか?

「いよいよ来たなって思いました」

──格闘代理戦争が終わって、すぐにデビューしたかったですか?

「はい。僕は格闘技を始めて3年以内にプロになれなかったら辞めると決めていて、ちょうど2年ちょっとでプロデビュー出来たのでよかったです」

──何故そんな厳しいルールを自分に課していたのですか?

「高校を卒業して格闘技を始めた時に親から『3年以内に結果を出せば続けていい』と約束したからです」

──デビュー戦も決まって相手も決まりましたが、対戦相手の印象はいかがですか?

「相手の印象ですか? まあ……強いと思いますけど、あんまり知らないです」

──これからプロとして戦っていく上で自分はどこで勝負して行きたいと思っていますか?

「試合はもう本当にハズレのない試合をします、僕は。目標はチャンピオンになることです」

──ではここから勝ち続けてベルトを獲りたいと。

「はい。どんどんベルトにも絡んでいけたらと思います」

──いつも一緒に練習してると思いますし、監督でもあった武尊選手からは何か今回のデビュー戦に向けて言葉はもらいましたか?

「武尊さんからは『頑張れよ』ぐらいですね。あとは『いつも通りやれば大丈夫だから』と言ってもらいました」

──格闘代理戦争のメンバーは番組では敵として戦っていて、今回はチームとして出場することになります。他のメンバーには仲間意識があるのかそれとも意識があるのか。どちらでしょうか?

「仲間でもあるし、ライバルでもありますね。他のメンバーには試合内容では負けないっす」

──他のプロの選手からすると格闘代理戦争のような企画に出て、注目されてデビューする選手に対して対抗心があると思います。そこについてはご自身ではどう感じていますか?

「僕もプロだったら格闘代理戦争の人たちが凄い羨ましいなって思いますね。あれだけ注目されてるんで。でもプロデビューしたらお互い試合で勝負するわけだし、僕はリングの上で内容と結果を見せていくつもりです」

 

選手登録