新井優騎、デビュー戦勝利で大きな夢を告白「自分みたいな選手になりたいと思わせたい」

2020.09.06

 9月6日(日)都内にて、昨日開催された「KHAOS.11」新宿FACE大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第5試合で鈴木一晴とKHAOSスーパー・フェザー級で戦った新井優騎はこれがデビュー戦となった。「最初は緊張してたんですど、思ったより冷静に動けた」という新井は2Rに鈴木からダウンを奪い、見事に判定勝利。「デビュー戦が一番大事だと思っていて、負けたらどうしようって思っていたので、勝ててホッとしています」と、安心した気持ちを吐露した。

 試合内容も「自分は見合っちゃって戦う距離があるんで、見ている人はつまんないかもしれない。でも、自分的にはあれが理想」と、自身の理想通りに運べたようだ。

 今後について「とりあえず一戦一戦全部ちゃんと勝っていくことが自分の中の目標」と語った新井。「自分みたいな選手になりたいと思わせたい」という大きな夢を胸にいだき、プロとしての第一歩を踏み出した。

「昨日はデビュー戦で、最初は緊張してたんですど、デビュー戦のわりには冷静に動けたので、自分では良かったなと思います。(一夜明けての試合の感想は?)とりあえずホッとしています、勝って。(映像を見ていたら、見た感想は?)結構、自分は見合っちゃって戦う距離があるんで、見ている人はつまんないかもしれないですよね。でも、自分的にはあれが理想なんで良かったかなと思います。(デビュー戦を勝てたことについては?)デビュー戦が一番大事だと思っていて、負けたらどうしようって思ってたんですけど、勝ててホッとしています。

(これからのプロとしての目標、戦いたい選手、理想の選手は?)戦いたい選手とかはないんですけど、とりあえず一戦一戦全部ちゃんと勝っていくことが自分の中の目標なので、それを意識してやっていきたいと思います。(こういう選手になりたいという希望は?)いや逆に自分みたいな選手になりたいと思わせたいんで、特にないです。(ファンの皆さんへのメッセージは?)次もちゃんときれいに勝つんで、また応援よろしくお願いします」

 

選手登録