「THE MATCH 2022」6.19(日)東京ドーム 前日会見レポート(3)武尊

2022.06.18

 6月18日(土)都内にて、開催を明日に控えた「Yogibo presents THE MATCH 2022」東京ドーム大会の前日計量と記者会見が行われた。

 会見は主催者挨拶・オープニングファイトから第8試合までの選手・第9試合から第15試合までの選手・武尊・那須川天心の5部制で実施。武尊のコメントは以下の通り。

――試合に向けた意気込みをいただきたいと思います。

「こんにちは、K-1世界王者の武尊です。明日は本当に、この試合のためにたくさんの人に協力して貰って、いろんな人のおかげで実現できた試合だと思ってるんで。僕の今までやってきた人生、積み重ねてきたもの、すべてぶつけて必ず勝ちます。最高の試合します。応援よろしくお願いします」

――計量をクリアしてあとは戦うだけ。試合を迎えるにあたっての感慨のようなものはありますか?

「そうですね、長かったような、短かったような。そんな感じですけど。この期間って、僕の人生の中でも特別な期間だったなって。こんな経験が出来るのも感謝だし、人生でここまでキツいことってこれからもないんじゃないかなって。感謝して、今日を迎えられたんで。明日は今まで培ってきたものを全部出して、すべて報われる試合にしたいなって思います」

――明日も4kgの戻しの計量があるが、これからどんなことに気をつける?

「こまめに体重を計りながらリカバリーはしていこうかなって思ってます。今までリカバリーで体重を計りながらやったことがなかったんで。どれぐらい戻るのかもあんま把握してないんで。気を付けてやっていく感じです」

――どんなものをお客さんに伝えたい?

「言葉では何も伝えなくていいのかな、っていうぐらい最高の相手だと思うし。明日は最高の相手と、最高の場所で、最高の試合が出来るんで。それを見て貰えば、いろいろ伝わると思うんで。全力で戦って、明日は必ず勝ちます」

――勝つイメージは出来ている?

「あんまり特別、イメージを持たないように。本当に試合にならないと分からないし。天心選手も世界最高レベルのキックボクサーだと思ってるんで。何が来るか分からないと思うし、戦って見て、その時に自分の直感を信じて、戦おうかなと思ってます」

――今現在の心境は?

「さっき言った感じになっちゃいますけど、やれることはやってきたんで。試合を熱望されてから7年間、いろんな思いもあったし、その間に試合してきた相手だったり、練習してきたものだったり。生きて来た時間っていうのが、全部、明日、現れるんじゃないかなと思うんで。自分が生きて来た人生を信じて、全力でやるだけって感じですね」

――ワクワク感、ドキドキ感とかで表現すると?

「逆に、無な感じですね。いろんな思いはあるんですけど、いい意味で、僕の中では無になってるイメージです」

――前の会見で同じKREST勢やK-1選手から「いいバトンをつなぎたい」という言葉もあったが。

「本当に格闘技って個人の戦いで、1対1の戦いなんでチーム戦ではないんですけど、今回はそういう意識を持って、みんな一緒に戦ってくれてるのがあるし。K-1は魔裟斗さんの時代から、もっと前のアンディ・フグさんの時代からずっと受け継がれてきたものなんで。K-1の強さを、見せつけて、証明するような大会にしたいなと」

――地上波ゴールデンタイム放送が無くなった時、失望もあったと思うが、どう気持ちを立て直したのか。

「聞いた時はすごく悔しかったし、新生K-1旗揚げ当初からずっとそれを目標に、僕は芸能活動やPR活動をそれを目標にやってきたところがあったので。この集大成といえる試合の時に無くなったのは悔しかったし、今も悔しい気持ちっていうのは残ってますけど。さっきも言った通り、後日ですけど、テレビ放送も決まって。今回、ABEMAで見れなかった人も、その時、たまたま見てくれた子供たちだったりがパワーを貰ってくれたら嬉しいなと思います」

――「人生でここまでキツイことはなかった」と言っていたが具体的に何がキツかったのか

「一番はメンタルですかね。どの試合もいろんな背負うものがあったりするんですけど、今回の試合はいろんな意味で特別な試合だし、実現するまでにもメンタルを消費したし。決まってからも、天心選手もそうだし、お互いそうなんですけど、いろんなものを背負って、明日、リングに上がって戦うんで。そういう意味で、キツっていったらちょっと違うかもしれないけど、僕はいい時間だったなと思ってます」

――この期間、鳥取の人と何か話したか?

「試合が決まってから地元に帰ってないんで、特に話したりはないんですけど、メッセージは一杯いただいたり。僕が空手を始めた道場だったり、初めてキックをやった道場だったり、僕が生まれ育った米子市の人たちが横断幕を作って送ってくれたり。いろんなメッセージはいただきました」

――トレーニング期間、一番勇気をくれたものは?

「いろんな人の支えだったり、一緒にやってきた仲間だったり、たくさんのファンだったり、いろんな人のパワーはもちろん衝き動かすものなんですけど。一番はやっぱり明日戦う天心選手の存在が僕を衝き動かしてくれたと思っていて。明日は、その感謝も込めて、思いっきり戦いたいなと思います」

――フェイスオフで20秒間向き合って、天心選手の印象は?

「印象、そうですね。変わらないっちゃ変わらないですけど。前の会見の時と比べて、試合に向けて研ぎ澄まされてる感じもしたし。試合に向けて天心選手も最高に仕上げてきてくれたんだなって感じましたね」

――天心選手で警戒しているところは?

「天心選手はすべての攻撃で人を倒せる能力はあると思うんで。すべての攻撃に気をつけてます」

――フィニッシュはKO?

「そうですね。今回、試合が決まった時にも話しましたけど、この試合に判定はいらないと思うし。KOで、どっちかが倒れて、どっちかが立ってる図式じゃないとこの試合の勝敗ってはっきり決めれないと思うんで。倒して勝ちます」

――6月20日以降の自分の人生について、想像できているものは?

「僕は、試合は命の取り合いだと思っているし、負けは死と同じだと思っているので。試合後の予定とかは特に決めてなくて、その後のことも今は何も考えてないです。とりあえず明日、勝つことだけを考えてます」

――4kg制限のリカバリーですが、これから何を食べるか?

「いつも通り、食べるものが決まってるんで。それを食べに行こうかなと思ってます。うなぎを食べます」

――先日、TwitterにRISEで活躍中の田丸辰選手とのスパーリングについての投稿があったが?

「最初に一緒に練習したのは、去年か今年かっていうくらいですけど、それから何回かスパーリングパートナーとして来て貰って、やらして貰ってる感じですね。すごい技術もあって、勉強になるんで、やらせて貰ってました」

 

選手登録