2019.12.14

 12月14日(土)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、「K-1 KRUSH FIGHT.109」の前日記者会見が行われた。

 メインイベントは今年9月にベルトを獲ったばかりのKRUSHスーパー・フェザー級王者レオナ・ペタスの初防衛戦。挑戦者は兄・山本優弥も獲れなかった悲願のベルトを狙う山本直樹だ。

 事前インタビューや公開練習から互いの言葉に反応して応戦していた両者。この日も山本が「口ではいくらでも言えるんで、明日リングの上で倒して黙らせてやろうと思います」と強気にKOを宣言すると、レオナは「出来るもんならやってみろ」と一蹴。「明日はチャンピオンとして年内最後のKRUSHをしっかりとKOで締めたい」と、こちらもKOでの王座防衛を誓った。

 2019年のKRUSHを締めるタイトルマッチ、最後にベルトを巻いているのは王者レオナか?それとも挑戦者・山本か?

山本直樹
「いつも通り体重もスムーズに落ちて、練習も今までで一番やってきたつもりなんで、あとは自分を信じて明日全力を出し切るだけです。(念願のタイトルマッチを明日に控えた心境は?)自分はベルトを獲るためにやってきたんで、やっとベルトを明日獲れるんだなと思って、かなり気合いが入ってます。

(試合前からヒートアップしていたが、相手に言っておきたいことは?)まあ口ではいくらでも言えるんで。明日やっとリングに立てるんで、リングの上で倒して黙らせてやろうと思います。(今日相手と向かい合っての印象は?)やっぱりチャンピオンらしくオーラもあるし、強くて実績もあるなと思います。それを明日ぶっ倒して、結果も残してベルトも巻きたいと思います。

(目標としているベルトを目の前にして想うことは?)自分の前の所属の選手の方たちもチャンピオンがたくさんいて、その時に自分がベルトを獲るまでは絶対にベルトは触らないと決めてました。明日はしっかり勝って自分がベルトを巻きたいと思います。(ファンの皆さんへメッセージは?)体調も何もかもばっちりなんで、明日そのまま続けてリングの上でしっかり結果を残してベルトを巻きます。皆さん楽しみにしててください」

レオナ・ペタス
「まず調印式をやって、3カ月前にも(調印式を)やったなと思い出しました。今回は減量も順調で、計量前日まで3食食べても全然体重が落ちました。前回のタイトルマッチの時よりもトレーニングをやってきたし、今回も凄い仕上がっていて調子も良いんで、いけちゃうかなと思います。(初防衛戦を明日に控えた心境は?)別に守りに入る気もないし、ベルトを獲ることもそこまで意識してなかったので、ベルトを獲られる可能性があることも意識していません。僕がチャンピオンですけど、別にそこに重点を置いてないんで、ただの1試合と思って試合に臨むだけです。

(試合前からヒートアップしていたが、相手に言っておきたいことは?)出来るもんならやってみろって、それだけですよ。(今日相手と向かい合っての印象は?)やっぱり自分の方が強いなって思いましたね。(どういうところでそう思った?)雰囲気ですかね。計量の時の身体を見ても凄いトレーニングしてきたんだなって感じはするんですけど、まだチャンピオンの器じゃないと思います。

(自分のベルトに対して言いたいことは?)前回勝ったときに『僕がベルトを返上しない限り、第9代以降のチャンピオンはいない」と言ったんで、その言葉のままですね。僕以降、僕が返上しない限り、KRUSHのチャンピオンはいないと思っています。それを曲げるつもりもないし、それに向けてしっかりと有言実行できるようトレーニングしてきてるんで問題ないと思います。(ファンの皆さんへメッセージは?)明日はチャンピオンとして年内最後のKRUSHをしっかりとKOで締めたいと思います」