2019.12.23

 12月23日(月)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、2月24日(月・祝)東京・後楽園ホール「Krush.111」の第1弾対戦カードが発表会見された。

 スーパー・バンタム級で軍司泰斗vs林勇汰の一戦が決定した。軍司は2月Krush後楽園大会で玖村将史に敗れ、顎を骨折して長期欠場を余儀なくされた。怪我が癒えた10月Krush後楽園大会での復帰戦では将史の兄・修平からダウンを奪って復活の勝利を収めた。

 対する林はK-1ライト級王者・林健太の実弟で、11月のKrush大阪大会では王者・玖村将史にタイトルマッチで敗れはしたものの、最終ラウンドに玖村をあと一歩まで追い詰めて爪痕を残した。

 共に打ち合い上等のアグレッシブなファイトスタイルを身上とする両者。林が「軍司選手は打ち合うイメージあるんで、僕と打ち合ってくれたら面白い試合になる」と打ち合いを誘うと、軍司も「ここ最近は僕と打ち合ってくれる選手がいなかった。この試合はパンチの打ち合いの良い試合になる」と呼応する。さらに「一発KOでインパクトのある倒し方をしたい」(林)、「お互いパンチを持ってるんで打ち合って、最終的にはKOで終わらせたい」(軍司)と揃ってKOを予告。この試合をきっかけに2020年の飛躍を誓った。

林勇汰
「今年はけっこう強い選手とやらせてもらったんですけど、全部もうちょっとのところで勝てなくて。来年こそは軍司選手に勝って、これからトップに選手に連勝していきたいです。(対戦相手の印象は?)パンチが上手やなと思って。けっこう打ち合うイメージがあるんで、今度こそ打ち合ってくれたら面白い試合になるかなと思います。

(相手のパンチのスキルはどう見ている?)軍司選手は上手やなと思うんですけど、見ただけじゃパンチが強いかどうか分からないんで、もらってみたら分かると思います(笑)。僕はあんまりパンチで効いたことがないんで多分大丈夫やと思います。

(2020年はどこまで駆け上がって行きたい?)11月のタイトルマッチは負けちゃったんですけど、来年こそはチャンピオンになりたいと思ってます。(2020年に弾みをつけるためにどういう勝ち方をしたい?)一発KOでインパクトのある倒し方をしたいっすね。

(ファンの皆さんにメッセージは?)この前タイトルマッチで負けちゃったんですけど、来年こそはベルトを獲ります。まず軍司選手にKOで勝って弾みをつけたいと思ってます。応援お願いします」

軍司泰斗
「今年は怪我もあって2回しか試合が出来ませんでした。来年2020年一発目の試合が決まったんで、インパクトを残してトップ戦線に行けるように勝ちたいなと思ってます。(対戦相手の印象は?)僕と似たタイプの戦い方をしてるなというのと、はパンチが強くてパンチ中心で戦う選手かなと思ってます。

(この試合はバチバチの打ち合いになる?)ここ最近は僕と打ち合ってくれる選手があまりいなかったんで。この試合はパンチの打ち合いの良い試合になるかなと思ってます。(相手のパンチのスキルはどう見ている?)凄いハードパンチャーだなと見ていて思いますし、あとはスピードや受け返しの速さも凄いなと思います。

(2020年はどこまで駆け上がって行きたい?)自分はベルトだけじゃなく、負けたままの相手が3人(玖村将史、金子晃大、武居由樹)いるんで。来年中に1人でも2人でもいいんで再戦・リベンジしたいなっていう気持ちがあります。(2020年に弾みをつけるためにどういう勝ち方をしたい?)お互いパンチを持ってるんで打ち合って、最終的にはKOで終わらせたいです。

(ファンの皆さんにメッセージは?)来年一発目の試合なんで、ここでインパクトある試合をして、来年中にもっと上の選手と戦えるトップ戦線まで行けるように頑張るんで応援よろしくお願いします」