2020.02.23

 2月23日(日)東京・ベルサール神田にて、2月24日(月・休)後楽園ホール「Krush.111」の前日計量・会見が行われた。

 昨年10月の後楽園大会以来の参戦となるパヤ―フォン・アユタヤファイトジム。迎え撃つのは関西からKrushに参戦しているMOEだ。2度目のKrush参戦に向けて「パンチのテクニックを強化してきました」というパヤ―フォンは「MOE選手から強さは全く感じません。KOで勝ちたいです」とKO宣言。

 対するMOEは「パヤ―フォン選手は蹴りが速くて強そうなので、その対策と自分が苦手な練習をしてきました」と話し「2人にしかできない、テクニックの戦い、面白い試合をしたい」と技術戦を予告した。

パヤーフォン・アユタヤファイトジム
「もう100\%のコンディションです。明日戦いの準備はできています。(対戦相手の印象は?)強さは全く感じません。ただとても可愛いなと思いました(笑)。(K-1ルールで戦うために強化してきた部分は?)パンチのテクニックを強化してきました。(どんな試合をしたい?)ぜひKOで勝ちたいと思っています。必ず勝つのでぜひパヤーフォンを応援してください」

MOE
「明日は面白い試合するので楽しみにしておいてください。(対戦相手の印象は?)顔ちっちゃくて可愛いなと思いました(笑)。あと強そうと思いました。(この試合のために強化してきたところは?)相手は蹴りが速くて強そうなので、蹴りのあとの攻撃、相手のあとの攻撃、自分が苦手にしている自分から行く攻撃など練習をしてきました。

(『怖さがない』と言われたが?)怖さがないと言われるのは嫌やけど、可愛いと言われるのは嬉しいです(笑)。対策はしっかり練っています。(どんな試合をしたいか?)2人にしかできない、テクニックの戦い、面白い試合をしたいと思います。明日は女子やけど会場を沸かせられるような、めっちゃ面白い試合するので応援よろしくお願いします」