2020.07.20

 7月20日(月)都内にて「Krush.115」の公開計量と前日会見が行なわれた。

 今大会の目玉の一つはMOE、チャン・リー、優、菅原美優の4人で争われる第3代女子アトム級王座決定トーナメントだ。高梨knuckle美穂がミニマム級への階級を変更し、返上したことによって決まったこのトーナメントだが、今大会では準決勝としてMOEvsチャン・リー、優vs菅原美優の2試合が行なわれる。(決勝の日時は現在調整中)

 会見に出席したKrush Evangelistの石川直生さんは、「Krush女子ファイターに求められているのは男子ファイターの試合と並んでも遜色ない試合をすること。knuckle選手、KANA選手はそれをしっかり示してきてくれている」と、K-1&Krush女子戦線の中心となっている2人に続いてくれることを4人に期待した。

 MOEとの対戦が決まったチャン・リーにとって、対抗ブロックの優と菅原は2人ともかつて敗戦を喫した相手。「どっちが来てもリベンジマッチができる。ベルトを巻くシナリオもできている」と王座奪取に自信を見せていた。対する18歳のMOEはエントリーされた選手の中では最年少。「周りの人たちには顔では負けているとめっちゃ言われているので、試合ではしっかり勝って、トーナメントでは一番目立つ試合をしたい」と、笑わせながらも力強く勝利を誓っていた。

 もう一つのブロックで優と対戦する菅原は今回が社会人になって初めての試合となる。「今までは新しいことを覚える時間が全然なかったんですけど、今回は新しい技をいっぱい取り入れる練習をしました」と、グレートアップに成功した様子。昨年の7.11「Krush.103」ではチャン・リーに勝っていることもあり、決勝戦の相手にはMOEを指名していた。

 対する優は、トーナメントへのエントリーが決定したことで「明確な目標があるのとないのとでは気持ちの入りようが若干ながら違う。その次っていうのが明確にわかった方が練習をしていてやりやすかった」と、試合へのモチベーションの部分でプラスに働いたようだ。今回のトーナメント参戦選手の中では一人だけ三十路。「この時期、いろんな所で戦っている人がたくさんいると思うので、私たちの試合を見てちょっとでも『私もがんばろう』って思ってくれれば、それだけでやっててよかったなと思うので、明日出る選手全員に応援よろしくお願いします」と大人らしいコメントを出していた。

チャン・リー
「今回このようなトーナメントの一人に選ばれたことをとても光栄に思います。準備はしてきたので、明日はそれを出すだけなんでがんばります。(改めて準決勝で対戦する相手の印象は?)MOE選手は格闘技としての経験も私よりも全然豊富だし、テクニックもあるなって。あとスピードもあるなって。前やった試合も生で見たことがあるんですけど、凄い気持ちの強い選手だなと思っています。

(このトーナメントに向けて、どんなことを意識して練習してきた?)トーナメントだからっていうのはそんなに意識はないんですけど、この期間にできることをやってきて、勝てる練習をしてきたっていう感じです。(決勝で戦いたい相手は?)どちらでも。過去に2人ともやって負けちゃってるんで、どっちが来てもリベンジマッチができるんで楽しみです。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明日は今までやってきたことを全てぶつけて、楽しんで発表会という感じで披露したいと思うので、ベルトを巻くシナリオもできてるし。なので応援よろしくお願いします」

MOE
「今回はトーナメントに選んでいただいてありがとうございます。勝つので応援よろしくお願いします。(改めて準決勝で対戦する相手の印象は?)戦い方がキレイで、気持ち強くて、ずっと打ってくるスタミナがある選手かなと思っています。(このトーナメントに向けて、どんなことを意識して練習してきた?)トーナメントやからとか特にないんですけど、チャン・リー選手に勝つ練習ですかね。あと自分が今までできなかったというか、苦手やったこととかを直す練習ですかね。

(決勝で戦いたい相手は?)どっちがいいかとかは特にないんですけど、どっちが来ても勝てるように練習します。(ファンの皆さんへのメッセージは?)みんなに、周りの人たちには顔では負けているとめっちゃ言われているので(苦笑)、試合ではしっかり勝って、トーナメントでは一番目立つ試合をしたいと思います。応援よろしくお願いします」

菅原美優
「このトーナメントに選んでいただいてありがとうございます。凄いたくさん練習もできたので、今回の試合は凄いワクワクしています。一生懸命がんばるので応援よろしくお願いします。(改めて準決勝で対戦する相手の印象は?)まず一番最初に思うのはフィジカルが強そうだなと思うのと、試合を見て攻撃もキレイだし、スピードもあるし、一番怖いのはパワーかなと思っています。(このトーナメントに向けて、どんなことを意識して練習してきた?)私も皆さんと一緒でトーナメントを意識しての練習というよりは、今回は学生が終わって、社会人になって初めての試合です。学生時代は新しいことを覚える時間が全然なかったんですけど、今回は新しい技をいっぱい取り入れる練習をしました。

(決勝で戦いたい相手は?)チャン・リー選手とは前に試合したことがあるので、MOE選手がいいかなというか、やったことない選手がいいかなっていう感じです。(入ってきた時に笑顔だったのが印象的だがどんな心境?)優選手のコメントを読ませていただいて、私も今回は楽しんで試合できたらなと思って、そういう気持ちで笑いました(笑)。(ファンの皆さんへのメッセージは?)凄いたくさんの人に支えられて今回も試合ができるので、いっぱい練習したことをしっかり出せるようにがんばるので、応援よろしくお願いします」


「明日は普段通り練習してきたことが出ればと思います。よろしくお願いします。(改めて準決勝で対戦する相手の印象は?)多分思っているより飛距離があるっていうか、伸びのある攻撃かなといつも見ていて思いますね。縦の攻撃が凄いキレイで、前蹴りとかハイとかは注意したいかなと思っています。(このトーナメントに向けて、どんなことを意識して練習してきた?)明確な目標があるのとないのとでは少しね、気持ちの入りようが若干ながら違うと思います。その次っていうのが明確に分かったのが練習をしていてやりやすかった部分ではありましたね。あとは試合がいつになるのか正直分からない状況で、話はいただいていたんですけど、どのタイミングで自分の出番なのかっていうのが分からない中で練習していたので、そういった不安は若干ありました。でもそれもプラスになっていて、自分の中では仕事と練習でつらい毎日だったんで、いい休憩しながら練習に取り組めたっていうのもプラスに考えています。

(決勝で戦いたい相手は?)勝ったほうが強いんだろうし、本当にどっちでもというよりも、どっちともまたやりたいというか、あんまり考えてなかった(笑)。(入ってきた時に笑顔だったのが印象的だがどんな心境?)え、わかんないけど(笑)。う~ん、そうですね、まあ接客業なんで笑顔で接する。まず入ってきたら笑顔でっていうのを心がけている2人ですから、多分自然と笑っちゃったんだろうなと思います(笑)。(ファンの皆さんへのメッセージは?)皆さんもつらい時期をこの数カ月間、日本の全員が苦しい状況にあった中で、私たちが特別なわけではないですし、この時期、いろんな所で戦っている人がたくさんいると思うので、私たちの試合を見てちょっとでも『私もがんばろう』って思ってくれれば、それだけでやっててよかったなと思うので、明日出る選手全員に応援よろしくお願いします」

 

選手登録