2020.07.22

 7月22日(水)都内にて、「Krush.115」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 セミファイナルで瑠久との21歳対決を制した中野滉太は、試合前に語っていた「インパクトのあるKOをしたい」という公約を見事に実現。今大会唯一のKO決着の試合を披露し、インパクトを残した。

 自身でも「昨日は自分にとって完璧なKOだったのかなと思っています」と試合を振り返った中野。次は佐々木大蔵の持つKrushスーパー・ライト級王座への挑戦も期待されているが、本人は「一戦一戦目の前にある試合を大事にしていけば、そういう道も自然と開ける。とりあえず一戦一戦、一試合一試合クリアしていくだけです」と謙虚な態度を貫いた。

「当たれば倒れるパンチを自分は持っている」と自信をのぞかせつつも、「いっぱい練習して、誰と戦っても勝てるように精進していきます」と、着実に実績を重ね、タイトルマッチへとつなげる腹づもりだ。

中野滉太
「POWER OF DREAMの中野です。昨日は応援してくださった皆様、ありがとうございました。昨日は自分にとって完璧なKOだったのかなと思っています。良かったです(もし昨日の試合を映像で見ていたら、その感想は?)映像で何回か見たんですけど、最後の左のフックは試合した時よりも映像で見たほうがキレイに当たっていたのがわかりました。当たって良かったなと思います。(昨日の試合で良かった点・悪かった点は?)試合で倒せたことも練習していた通りだったし、会長に言われた通りのことができたのが良かったところですね。悪かった点はもう少しいろんな技を出せたらなと。

(昨日の試合でタイトルマッチに近づいたと思うが、それについては?)タイトルマッチもそうなんですけど、一戦一戦目の前にある試合を大事にしていけば、そういう道も自然と開けるのかなと思いますので、とりあえず一戦一戦、一試合一試合クリアしていくだけです。

(タイトル挑戦も含めて、今後の目標は?)昨日の瑠久選手もそうですし、これからドンドンドンドン…トップ選手と戦っていければなと思っているんで、自分もいっぱい練習して、誰と戦っても勝てるように精進していきます。(自分の中ではどれぐらいの時期でタイトルマッチにたどり着きたいというのはある?)時期とかはわからないんですけど、自分の試合を一試合一試合大事にクリアしていけば認められていくかなと思うんで、まずはそれだけですね。

(完璧なKOと言っていたが、試合前にもインパクトのあるKOしたいと言っていた。自分のイメージと合致するようなKOだった?)瑠久選手との試合が最初に決まっていた時からだいぶ時間が空いて戦略もしっかりしていたし、自然と当たれば倒れるパンチを自分は持っていると思っているんで、それが作戦として見事にハマったかなという感じです。(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日はこういうい時期に足を運んでいただいてくれた方々、ABEMA・GAORAで見てくれた方々、ありがとうございます。これからもっともっとがんばって上を目指していくので、応援よろしくお願いします」

 

選手登録