2020.07.22

 7月22日(水)、都内・GSPメディアセンターにて、「Krush.115」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 Krushライト級王者のゴンナパー・ウィラサクレックからのベルト奪取を目標にしている瓦田脩二は、里見柚己との接戦を制して判定勝利。しかし、試合内容には満足がいっていないようで、「修正点だらけ。まだ力の半分も出せてない。次はもっと強い姿を見せられると思う」と、一夜明けても反省していた。

 とはいえ、これで標的とするゴンナパーとの一戦に向けて一歩近づいたのも事実だが、「目標にしているゴンナパー選手には到底及ばない」と自身を厳しい言葉で戒める瓦田。「梶原(龍児)代表が持っていたライト級のベルトを自分の手元に、命懸けでも取り戻す覚悟はできている」と力強く覚悟を述べると、「心技体全てもっとレベルアップした状態でタイトルに挑戦したい」と、レベルアップを図った上でのタイトル挑戦を誓っていた。
 
瓦田脩二
「押忍! K-1ジム総本部の瓦田脩二です。昨日はたくさんの応援ありがとうございました。昨日はかなり反響もあって、うれしかったですけど、まだまだ自分の中で試合を昨日見直したんですけど、修正点だらけだなというところもあったんで、まだ力の半分も出せてないと思うんで、次はもっと強い姿を見せられると思うんで、よろしくお願いします。

(試合の映像を見た感想は?)自分の中ではもっとうまく戦えてたかなと思っていたんですけど、見ると蹴りはまだ良かったところはあったんですけど、パンチはストレートは練習通り出せたんですけど、アッパー、ボディとか、上下の組み立て、左右の動き、まだまだ練習してきたことが20パーセント、30パーセントしか出せてないなっていうのが、昨日帰った後、動画で見て感じました。そこをもっと自分が冷静に試合を組み立てることができれば、上に行けるかなと思いました。

(昨日の試合で良かった点・悪かった点は?)3ラウンド目の初めとか、2ラウンド目の途中とか、一回左ジャブ使いながらリズム作れたところは、ジャブを使いながらリズム作ってミドルにつなげて、そこからパンチでつなげっていう組み立てができたところも、ほんの少しあったんですけど出せたと思います。一試合通してもっと多くそれを出せる場面を作らないと、今目標にしているゴンナパー選手には到底及ばないなと思いました。(昨日の試合でタイトルマッチに近づいたと思うが、それについては?)試合の前から、この試合に勝つか負けるか、タイトルマッチのチャンスが天と地の差だと思ってこの試合に臨んだんで、昨日勝てたのは自分の中ではまあ良かったかなと思っています。

(タイトル挑戦も含めて、今後の目標は?)もちろんタイトル狙ってますし、そのために『次すぐ』って言いたいところだったんですけど、昨日試合見て『すぐに』って言える状態でもないんで。まあ、梶原代表が持っていたライト級のベルトを自分の手元に命懸けでも取り戻す覚悟はできているんで、心技体全てもっとレベルアップして、タイトルに挑戦して、今この状態で臨むんじゃなくて、もっとレベルアップした状態で確実にベルトを獲っていきたいなと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日は応援ありがとうございました。これからドンドンKrushを盛り上げて、もっと強い自分を見せていけるようにがんばりますんで、これからも是非応援よろしくお願いします」

 

選手登録