2020.07.22

 7月22日(水)都内にて記者会見が行われ、8月29日(土)東京・後楽園ホール「Krush.116」の第2弾対戦カードが発表された。

 Krushバンタム級王座を返上した佐々木洵樹がスーパー・バンタムの転向初戦として、龍斗と対戦することが決まった。この一戦について、中村拓己K-1プロデューサーは「佐々木選手はプロボクシングで培った鋭いパンチと、POWER OF DREAMで磨いてきたKrush仕様の動きがミックスされていて、スーパー・バンタム級でもどんな動きを見せるのか楽しみ。龍斗選手はなかなか結果が出ない状況だが、身体の強さやしぶとさは、ひとつのきっかけがあればトップ戦線を狙える。元チャンピオンの佐々木選手との対戦というチャンスをどう活かすのか、重要な一戦」と分析。

 今回の対戦にうれしさを隠さない龍斗が、大物食いを狙って「自分はバックボーンが空手なので、たくさん蹴って腕をぶっ壊しにいきたい」と述べると、佐々木は「そのうれしさをリングで『怖かった』と思わせるような試合ができれば。階級を上げてどんな動きができるか、自分自身が一番楽しみ」と意気込んだ。

龍斗
「K-1 GYM横浜infinity、龍斗です。まず、この対戦オファーが来たとき、メチャクチャうれしくて。緊張と楽しみがたくさんある感じですかね。前回とか前々回とか、勝ったりドローだったり、ちょっとらしくない試合をしてしまったので。一応(佐々木は)返上はしましたけどチャンピオンなので、ガッツリいきたいなと思ってます。

(対戦相手の印象は?)パンチがすごい巧いのと、POWER OF DREAM独特のリズムがあるので、それに惑わされずいきたいなとは思ってるんですけど。まあ、パンチが巧い選手なので、自分は土俵が空手なので、たくさん蹴って腕をぶっ壊しにいきたいなと思います。

(元チャンピオンと試合することについては?)今までそういう経験もないので、最初に思ったのはうれしかったというか、楽しみだな、と。怖さとかそういうのはまったくないので。まあ、やってみれば、結果はどうあれ『龍斗、こんな強かったんだな』って思われるような試合をするつもりでいます。

(今後の目標は?)自分はいまの立ち位置だと大きい発言とかはまだできないので。でも今回大きなチャンスをもらったので、必ずものにしてから、トップ戦線に乗り込んで、Krushのベルトを狙ったり、K-1に出場させていただいたり。まずはこの試合にしっかり勝つというのが一番の考えです。

(ファンにメッセージを)今回、色んな方が佐々木選手の圧勝だと思うかもしれないですけど、それを覆すような試合をします。あと、横浜ジムは(里見)柚己や瑠久がすごい名前が通ってるんですけど、龍斗がいるぞという試合をしたいと思います。なので、8月29日、後楽園ホールで応援よろしくお願いします」

佐々木洵樹
「先ほどタイトル返上したんですが、やることは変わらないので。龍斗選手の『うれしかった』っていうのは当然だと思いますけど、そのうれしさをリングで『怖かった』と思わせるような試合ができればいいなと思ってます。

(対戦相手の印象)距離の取り方も上手いし、思ったより距離も、多分やってみると長いと思うので。そのへんはしっかり対策して。やっぱり、蹴りが巧いなって印象がありますね。ただ、蹴りを注意してるとパンチも来ると思うので、そこも注意したいと思います。(階級転向初戦となるが、コンディションは?)階級を上げてどんな動きができるかっていうのは、自分自身が一番楽しみですけど。いまのところ、毎日試合みたいなことをPOWER OF DREAMでやってるので、早くやりたいですね。

(今後の目標は?)自分も8月29日の試合が第一ですけど、やっぱり階級を上げたからには。ベルト返上も、自分的に思い入れがあったベルトだったんで、そのリスクを背負ってスーパー・バンタムにいくわけなんで。やりたい選手が何人かいるので、ひとりずつやっていきたいですね。

(階級を上げることで、自分の中で何が一番変わる?)簡単に言うとパワーですね。いま練習中も思うんですけど、ミットをやってても、パワーの部分が、体重が増えたぶん。大きくなると思います。ただパワーに頼らず、いままでどおりの技術とスピードでやりながら。倒そうと思わないでやれば、自然と倒れるかな、と。昨日の中野(滉太)くんの試合もそんな感じだったので、そういう試合を目指します。

(ファンにメッセージを)3月、試合流れちゃっていろいろありましたけど、こんな状況で自分の試合を観て、少しでも元気になってくれるような試合をしますんで。当日は観戦に来ていただいたかたも、放送観てくれたかたも、ちょっとおもしろかったなと思う試合をするんでよろしくお願いします」

 

選手登録