2020.07.22

 7月22日(水)都内にて「Krush.115」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 元Krushバンタム級王者の晃貴は当初今大会では松本日向と対戦予定だったが、松本が脳内出血により欠場。急遽変更となった黒田斗真と-54kg契約で戦い、延長にもつれ込みながらも判定勝利を飾った。

 自身の試合を振り返り、「全然ダメダメな試合。反省点ばっかでした」と語った晃貴。控室でも「全然練習したことが出せてない」とダメ出しを食らったそうだ。しかし、すでに次なる目標は定まっている。階級を一つ上げての王座獲りだ。「体作りからテクニックから何も足りてない」と自身の現状を認識している晃貴は、「一から作り直して、2階級制覇目指してがんばっていきます」と、さらなるステップアップに闘志を燃やしている。

晃貴
「昨日は全然ダメダメな試合だったんですけど、久しぶりに勝って良かったです。(もし昨日の試合を映像で見ていたら、その感想は?)全然動けてなかったですし、反省点ばっかでしたね。(昨日の試合で良かった点・悪かった点は?)良かった点は自分の持ち味である気持ちが出せたことですね。悪かったことはたくさんあります。控室に戻って言われました。(昨日の試合を踏まえて、今後の目標は?)今後は一階級上げて、そこでベルトを目指してがんばっていこうかなと思っています。(控室で言われたことで印象に残ったことは?)全然練習したことが出せてないと言われたことが、一番ぐっと来ました。確かに出せてなかったですね。(2階級制覇を目指す上で足りないものは?)全然何も足りてないんで、体作りからテクニックから何も足りてないんで、一から作り直して、2階級制覇目指してがんばっていきます。(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日はたくさん応援ありがとうございました。急遽試合を受けてくれた黒田選手もありがとうございました。また一からがんばって強くなるので、よろしくお願いします」

 

選手登録