2020.07.22

 7月22日(水)都内にて、「Krush.115」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第1試合で池田幸司とKrushバンタム級ワンマッチで対戦した橋本実生。2ラウンドには右フックでダウンを奪うが、倒しきれずに判定勝利となった。会見に登場した橋本は、「全然ダメダメな内容でした。相手はボディとかも効いてたんで、倒しきりたかったですね」と試合を振り返り、KOを奪えなかったことを悔やんでいた。

 しかし、「もっともっと進化して、2年以内にチャンピオンになる」と志も高い。昨日の勝利で通算戦績は2勝2敗のイーブンとした。2年以内の王座戴冠に向けて新たなスタートを切った橋本は、さらなる進化に挑む。

橋本実生
「こんにちは、KRESTの実生です。昨日は大変な時期にもかかわらず、サポートと応援ありがとうございます。もっともっと強くなってがんばるんで、これからも応援お願いします。(昨日の試合を映像で見ていたら、その感想は?)全然ダメダメな内容でした。(昨日の試合で良かった点・悪かった点は?)相手はボディとかも効いてたんで、倒しきりたかったですね。(昨日の試合を踏まえて、今後の目標は?)昨日の試合じゃ全然トップに行けないんで、もっともっと進化して、言っているように2年以内にチャンピオンになるんで、応援お願いします。(ファンの皆さんへのメッセージは?)いつも応援ありがとございます。もっともっと強くなるので応援お願いします」

 

選手登録