2020.07.22

 7月22日(水)都内にて記者会見が行われ、8月29日(土)東京・後楽園ホール「Krush.116」の第2弾対戦カードが発表された。

 堀井翼vs金子大輝の再戦が今大会で決まった。両者は6月の「Krush.113」で対戦するも、金子のローブローにより、結果は堀井の反則勝ちに。この日の会見では金子がミャンマーラウェイの服装、堀井が頭に空気で膨らませる巨大な風船をかぶって登場。そんないでたちの2人に挟まれた中村拓己K-1プロデューサーは「ふたりの決着を早くつけたほうがいいと思い、再戦を組んだ。お客さんが満足しない結末に終わったことは残念だし、今回はファンのみなさんにKrushの試合を観せて、完全決着をつけてほしい」とコメントした。

 続く両者コメントで、金子は前戦のローブローを謝罪するも「堀井選手が“アレ”のことを“金子”と言っていたのですが、それはやめてほしい。全国の金子のみなさんに申しわけない」と懇願。しかし、股間王を自称する堀井は「俺は金の王で、俺の子どもだから金子。ただ、それだけ」と意に介さず。ほかの試合と一線を画す再戦は、どんな結末を迎えるのか?

金子大輝
「K-1ジム大宮チームレオン所属、ミャンマー・ラウェイチャンピオンの金子大輝です。まずは前回の試合結果に関して、堀井選手をはじめ、K-1関係者のみなさま、そして楽しみにしてくださったすべてのみなさまに申しわけありませんでしたと、お詫び申し上げます。そして、今回、再戦を組んだいただいたことに本当に感謝しています。求められているのは完全決着だと思うので、しっかり倒して勝ちます。

(前戦を振り返って?)やっぱり、たいへんな時期で、最初のKrushの大会ということで、ものすごく気持ちを入れて練習して参りましたし。試合結果がちょっと空回りしてしまって申しわけないという思いでした。調子自体はよかったんですけど、自分の気持ちが空回りしてしまうっていう人間的な未熟さが今回わかったので、そこはK-1ジム大宮チームレオンのみなさまと一緒に修正、練習を重ねている次第です。

(ローブローを蹴ったが、今回はどういうところを反省、修正する?)思った以上に堀井選手の腰の位置が低いって言ったら、すごい失礼ですよね、すみません(笑)。申しわけないんですけど、あの、ちょっとローブローを蹴りやすかったって言ったら、なんかアレか……(苦笑)。とにかくその、ローブローになるような打撃は一切しないということで、今回練習しています。そのローブローになりそうな打撃をしたときに、ものすごくチームでもお叱りを受けるので、そこは徹底的に修正して、実戦に臨もうと思っている次第です。堀井選手、申しわけありませんでした。

(完全決着が求められるのを踏まえて、どんな試合をしたい?)完全決着ということで、前回の会見はスーツで臨ませていただいたんですけど、今回は一新してミャンマー・ラウェイの選手が一番多いカレン民族の衣装で臨んでいます。そこはラウェイらしさ全開でって言ったら、ちょっとまた金的蹴るんじゃないかって思われちゃうんですけど、そこは一切蹴らずに。金子大輝と言ったらラウェイ王者、ミャンマー・ラウェイの魅力をKrushのリングで発揮していくことが自分の選手としての使命だと思っているので、そこを徹底的に引き出していきます。ラウェイ・サンダー、期待してください。

(司会者が終了を告げると)すみません、自分からマイクを持たせていただいて恐縮なんですけど、足が短いって言ってしまって申しわけなかったです。股間王、許してください。ていうことなんですけど、ツイッターとかで“完全復活した俺の金子”って書かれてたんですけど、“アレ”のことを金子って言うのをやめてほしいなって思ってるのと、今回、しっかり勝利して、全国の金子のみなさんにも申しわけないので。しっかり金子代表としてがんばらせていただくっていう次第です」

堀井翼
「どうも、K-1ジム五反田チームキングスの堀井です。え~、そうっすねえ……(ここで頭部を覆っていた風船を自ら割る)。ということで、前回の試合同様、玉を割られちまったけど、そんな感じで試合が決まったから。あとは早く決着つけるだけ。(前戦を振り返って?)そうだねえ……。まあ(ここで『チーン!』と股間につけたベルを打ち鳴らす)、ココが痛かったくらいで、とくにはないね。(ローブローに関する金子選手の発言を受けて?)まあ、いまの発言で俺の足が短いみたいな見方をしてましたけど、そこ勘違いだよ。デカすぎたんだよ、そういうこと。

(完全決着が求められるのを踏まえて、どんな試合をしたい?)やべ、何も聞いてなかったです。もう一回、質問事項、いいですか? すみません。(再度、質問を聞いて)こないだ、ああやってみんなが不完全燃焼しちゃったんで、今回こそはマジで10秒で終わらせる試合をするっすね。まあ、「カーン!」「パ―ン!」「チーン!」「パ―ン!」みたいな。で、『股間王、勝利~!』(と投げキッス)、てな感じですね。

(金子選手の謝罪の言葉を聞いて許した?)試合のことにに関して許す許さねえとかはアレだけど、足が短いって言われたのが腹立つし。腰の位置が低いんじゃなくて、デカいの! ただ、それだけ。そこはホントに勘違いしてると俺もアレだから。王として、股間王として、そこはリスペクト持ってもらわないと困るわ。

(金子選手から『アレを金子と呼ぶのはやめてほしい』という発言を聞いて)ていうよりは、みんな金の子で金子っていうわけじゃなくて 俺は金の王で、俺の子どもだから金子。ただ、それだけだから。ということでね、俺はもう、帰ろうと思うから。そんな感じで。(と、席を立つと股間のベルを打ち鳴らし、『金子!』と連呼)」

 

選手登録