2020.07.22

 7月22日(水)都内にて「Krush.115」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。
 
 第2試合でKrushスーパー・フェザー級ワンマッチを三輪裕樹と戦った斎藤祐斗は、1ラウンドと2ラウンドは分のペースで試合を進め、2ラウンドにはダウンまで奪うも、3ラウンドに三輪の追い上げを食らってしまい、判定にもつれ込んでの勝利となった。会見では自身で試合を振り返り、「1ラウンドと2ラウンドはいい組み立てができてた試合でしたけど、3ラウンドはちょっと調子が出なくて、グダグダになった試合でした。本当は倒さなきゃいけなかった試合だったと思います」と反省の弁だ。

 しかし「僕の目標はベルトを巻きたいだけ。そのためにもトップ戦線に入れるようにこれからがんばっていきたい」と、改めて次の目標を述べた斎藤。「KOで倒さなきゃ斎藤祐斗じゃないと思っています」と、今後の試合でKOによる勝利を目指すことを誓った。

斎藤祐斗
「こんにちは。愛を知る県から来ました斎藤祐斗です。昨日は応援ありがとうございました。久しぶりに勝つことができて、勝利の姿を皆さんに見せられたのはうれしかったです。(もし昨日の試合を映像で見ていたら、その感想は?)1ラウンドと2ラウンドは作戦通りというか、自分なりにいい組み立てができてた試合でしたけど、3ラウンドはちょっと調子が出なくて、グダグダになった試合でした。本当は倒さなきゃいけなかった試合だったなと思います。

(昨日の試合で良かった点・悪かった点は?)良かった点は前回はパンチしか出てなかったんですけど、今回自分の持ち味である蹴り技が出せたのは良かったと思います。悪かった点は倒しきれなかったところだと思います。(昨日の試合を踏まえて、今後の目標は?)僕の目標はベルトを巻きたいだけなんで。そのためにもトップ戦線に入れるようにこれからがんばっていきたいと思います。よろしくお願いします。(ファンの皆さんへのメッセージは?)昨日はKOで倒せなかったですけど、KOで倒さなきゃ斎藤祐斗じゃないと思っていますので、これからも応援よろしくお願いします」

 

選手登録