2020.07.29

 7月29日(水)都内にて記者会見が行われ、9月26日(土)後楽園ホールで開催される「Krush.117」の第1弾対戦カードが発表された。

 Krushスーパー・バンタム級タイトルマッチとして、王者・玖村将史vs挑戦者・軍司泰斗の再戦が決定した。玖村と軍司は昨年2月のKrush後楽園大会でのKrushスーパー・バンタム級王座決定トーナメントの決勝戦で対峙。そのときは玖村が判定勝利で王座戴冠を成し遂げた。玖村はその後、同年6月のK-1両国大会でのK-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメントに出場し準優勝。今年3月の「K'FESTA.3」では金子晃大との技術戦に判定勝利を収めた。

 挑戦者の軍司は元バンタム級王者で、2018年からスーパー・バンタム級に転向して王座決定トーナメントに出場。昨年2月の玖村戦に敗れる&怪我を負うも、復帰戦となった同年10月のKrush後楽園大会で、玖村の兄である玖村修平に判定勝利。今年2月のKrush後楽園大会では、現K-1スーパー・バンタム級王者・武居由樹を苦しめたムエタイの強豪スリヤンレック・オーボートー.ガムピーに勝利を収め、今回のタイトル挑戦にこぎつけた。

 中村拓己K-1プロデューサーも「約一年半前に対戦したあと、それぞれ進んできた道が違うが、しっかり結果を出してタイトルマッチで再戦することになった。お互い成長した姿、Krushのタイトルマッチにふさわしいハイレベルな試合が期待できる」と熱弁。玖村へのリベンジ、そしてベルト返り咲きを狙う軍司は「相手はパンチが巧い選手なんで、打ち負けないようにバチバチに打ち合っていきたい」と臨戦モード。すると、玖村は「打ち合いにならない、一歩上をいく」と王者の貫禄を見せ、さらに「今年はK-1のチャンピオンになると決めている」と、先を見据えたコメントを残した。

軍司泰斗
「こういう形でリベンジの舞台が整いました。一年半前に玖村選手に負けてしまって、そこから怪我があって、試合に出られないときもあって、そういう悔しい思いをずっとしてきました。今回はいい機会なので『ここで勝とうかな』って思います。(対戦相手の印象は?)パンチが巧くて、コンビネーションも巧くて。受け返しもちゃんとできる。パーフェクトな選手かなとは思ってるので。そこを意識して練習して、対策を練ろうと思ってます。

(対戦後に見た相手の試合で、印象に残ってるのは?)最近の試合だったら金子選手とやった試合です。自分も金子選手と戦ったことがあって負けてるんですけど、その金子選手に圧倒的な差で勝ってるんで、そこはさすがかなと思いますね。(玖村選手の対策は?)パンチが巧い選手なんで、そのパンチを意識して打ち負けないような感じで、バチバチに打ち合っていこうかなと思います。(減量は問題ない?)減量は大変なんですけど(苦笑)。試合がなかった分、そんなに意識していなくても、徐々に体重が落ちてるんで、そこは大丈夫かな、と思います。(王座返り咲きもかかっているが?)初めてチャンピオンになったのは3年前くらいで、久々というか普通に勝って、チャンピオンになりたいなっていうのはありますね。

(K-1王者の武居選手との戦いも見据えている?)そうですね。武居選手はこの階級で頭ひとつ抜けてるかなと思うので。この試合でいい勝ち方をしたら、『(武居戦が)あるんじゃないかな』っていうのはありますね。(ファンにメッセージを)ひさびさの試合というのもあって、コロナ期間、いろいろ練習してきました。こういう形でチャンスをもらえて、ここで結果を残さないと意味がないと思うんで。しっかり結果を残してチャンピオンになりたいと思います」

玖村将史
「今回はKrushのチャンピオンとして、しっかり防衛して。次はK-1のベルトも獲りたいなと思ってます。(対戦相手の印象は?)ボクシングテクニックが上手い。最近の試合を見ても成長してるなって思うんですけど、一年半前より、どのくらい強くなってるかなって。自分はその成長の差を見せたいと思ってます。

(対戦後に見た相手の試合で、印象に残ってるのは?)スリヤンレック戦は、どっちが勝つかわからなかったんですけど、しっかりダウンを取って『成長してるな』と思いました。(軍司選手が『バチバチに打ち合いたい』とのことだが?)いや、打ち合いにならないです。一歩上をいこうかなと思ってます。(どんなことに集中して練習してきた?)今年はK-1チャンピオンになると決めてたんで、そのためにずっと相手がどうこうじゃなく、自分の戦いを試合で出せるように練習してました。

(防衛戦ということにはどのような意識を?)Krushのチャンピオンなんで、防衛することは当たり前です。挑戦者として結果を残してる選手が来たら、その選手を倒して防衛するだけかな、と。まあ、レベルが違うと思ってるんで、チャンピオンとしてしっかり見せたいです。(K-1王者の武居選手との戦いも見据えている?)いつでも準備はできてるので。そのときまでしっかり勝っていくだけだと思っています。今回勝ったら、武居選手と試合できるんじゃないかなと思ってるんで、次やりたいですね。(ファンにメッセージを)『前の試合のときより、こんなに強くなってるのか』ってみんながビックリする・驚くくらいの試合をするんで。で、今年中にチャンピオンになるんで楽しみにしててください」

 

選手登録