2020.09.19

 9月26日(土)東京・後楽園ホール「Krush.117」の[Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]で西京佑馬と対戦する横山朋哉のインタビューを公開!

――2月Krush後楽園大会の中島千博戦はKrushらしい素晴らしい試合だったと思います。

「ファンの方の反響も良くて、僕も試合していて楽しかったし、噛み合いましたね。中島選手も打ち合ってくれたので、すごく面白い試合ができたと思います。最終ラウンドも“ここで行かなきゃヤバい”と思って打ち合って、勝つことができたので良い経験になったと思いました」

――今大会では西京佑馬選手と対戦することになりました。兄の横山巧選手がプロ・アマで戦って敗れている相手で、直接ではないものの因縁がある相手です。

「オファーをもらった時は“来たか”っていう感じでした。もともと兄ちゃんがK-1甲子園で西京選手に負けた時、翌年も西京選手は2連覇を狙って甲子園に出てくると思っていたので、自分はそこで西京選手と戦う準備をしてたんですよ。そしたら西京選手はプロに専念するということで甲子園には出てこなくて、自分としてはやっとここで戦うチャンスが来たなと思いました」

――横山選手は巧選手と西京選手の試合をどう見ていましたか?

「甲子園の時はまさか負けるとは思わなかったし、西京選手が1年生だったので悔しかったです。2018年にプロで再戦した時も僅差の判定で兄ちゃんが負けて、倒せなかった兄ちゃんも悪いんですけど、どちらが勝ってもおかしくない試合だったので、さらに悔しさが増しました。ようやくプロで試合が組まれて燃えてます」

――高校生の頃から戦いたかった相手なんですね。

「はい。実は僕も高校1年生の時に-55㎏でK-1甲子園に出て、西京選手のお兄さんの西京春馬選手に負けているんですよ。西京兄弟にはやられっぱなしなので(苦笑)、なおさら燃えてますね」

――対戦発表会見では横山選手からは「KO勝ちしないと気が済まないので立てなくなるまで殴り続けます」といったコメントもありました。

「兄ちゃんの分まで、僕も春馬選手に負けているので、ここでケリをつけるしかないと思っています。ここまで来たらやるしかないです」

――どんな試合をイメージしていますか?

「僕はいつも自分のマイナスな面をなくして、常に自分を進化させることを意識して毎試合毎試合やっています。だから特に西京選手対策をして試合をするということはないですね」

――西京選手は元Krush王者ですし、ここで勝てば王座挑戦も近づくと思います。

「まだ次のことは考えていないですけど、西京選手を倒せば自然と僕が挑戦者に近づくと思います。西京選手も怪我からの復帰戦で間違いなくレベルアップしていると思うので、そこを返り討ちにできたらなと思っています」

――セミファイナルとなる一戦ですが、どんな試合を見せたいですか?

「メインイベントがスーパー・バンタム級のタイトルマッチで、間違いなく面白くなると思うんですけど、僕たちがそれ以上に盛り上げる試合をできたらなと思います。そのためにも打ち合って倒すしかないので、西京選手は打ち合ってくれるか分からないですけど、僕は打ち合いたいなと思っています」

 

選手登録