2020.09.27

 9月27日(日)都内にて、「Krush.117」後楽園大会の一夜明け会見が行なわれた。

 スーパー・フェザー級の一戦=山本直樹vs中島千博は互いにダウンを奪い合う壮絶な打ち合いの末に、ダウン数で上回った山本が勝利をもぎとった。

 一夜明け会見で山本は「1Rは取られてしまったんで、2~3Rは何がなんでも、倒れてでも絶対に取り返しにいこうと思って、根性で乗り切りました」と“根性”が逆転勝利の鍵だったと話し「自分はベルトを獲るために格闘技を始めてるんで、そこに早くたどり着けるように、しっかりいい結果を残していきたい」と王座奪取を宣言した。

山本直樹
「昨日は応援ありがとうございました。こんな時期なのに、たくさんの方が応援に来てくださって、本当に力になりました。ありがとうございました。(試合内容を振り返って?)試合前に中島選手の空手時代の試合がSNSにアップされていて、それを見たんですけど、2mくらいある選手と戦ってて『コレ、どうやったら効かせられるのかな?』って(苦笑)。けっこう悩んでたんですけど、いつも練習を一緒に教えてくれる兄貴や仲間たちのアドバイスを信じて、なんとか勝つことができたと思います。

(ダウンの応酬だったが、勝敗の分かれ目は?)1Rは取られてしまったんで、2~3Rは何がなんでも、倒れてでも絶対に取り返しにいこうと思って、根性で乗り切りました。(昨日は同じ階級の試合も多かったが、意識はした?)トップ選手たちの試合ばっかりだったんで、その中でも自分の試合を一番インパクトを残そうと思ってたんですけど。やっぱりみんな、高レベルな戦いで。なかなか難しかったんですけど、次はしっかり倒せるようにがんばりたいと思います。

(今後の目標は?)自分はベルトを獲るために格闘技を始めてるんで、そこに早くたどり着けるように、しっかりいい結果を残していきたいなと思います。(ファンのみなさんへのメッセージは?)昨日はたくさんの応援、ありがとうございました。会場に直接見にきてくれたり、ABEMAで応援してくれたのが本当に力になって、そのおかげで最後、乗り切って勝つことができたと思います。これからも結果を残していくんで、応援よろしくお願いします」

 

選手登録