2021.01.22

 1月22日(金)都内にて、開催を明日に控える「Krush.121」後楽園ホール大会の前日記者会見が行なわれた。

 第5試合で行なわれるKrushライト級ワンマッチに出場する大月晴明と明戸仁志も揃って計量をパス。両者揃って、会見に臨んだ。大月は1999年にデビューした大ベテランで、現在47歳。前体制のK-1や、Krushにも草創期から出場していた伝説のファイターだ。会見で同席したKrush EVANGELISTの石川直生さんとも、11年前の「Krush.2」で対戦したことがあり、その石川さんから「今から20年前に信じられないパンチ力を持った選手がいました。20年前というと、若いK-1 JAPAN GROUPの選手の中には生まれてない選手もいる。それぐらい前のことなんですね。その大月選手が戻ってきてくれる。こんなにワクワクすることはないですよね」と紹介されるほど、衝撃的な今回の参戦だ。

 大月のKrushへの参戦は今回が6年ぶりで、最後の相手は現Krushスーパー・フェザー級王者のレオナ・ペタスだった。会見では「Krushは凄い好きな興行だったので、出させてもらってありがとうございます」と落ち着いた口調でコメントした大月。しかし、計量時にも対戦相手の明戸に鋭い視線を送っており「これから戦うわけだし、普通に相手をぶっ飛ばす感じで、殺気のこもった目です」と、時折体を震わせつつすでに臨戦態勢といった様子だった。最後に「顔がカッコいいんで、明日ボコボコにしちゃうのはちょっと気が引けるんですけど、まあがんばります」と、自信満々のコメントで締めくくっていた。

 対する明戸はKrushへは約1年8カ月ぶりの参戦。34歳と大月に比べれば若いものの、一般的にはベテランと呼ばれるキャリアの選手だ。そんな明戸でも、大月との対戦オファーには「大月選手と試合するというのが信じられなくて」と最初は驚いたそうだが、「実際に自分が戦うことになったし、攻略するために練習もしてきたし、しっかり明日は勝って、また自分の道につなげたいと思います」と伝説を前に臆するところはない。

「計量で向かい合って、本当に肉体も鍛えてる若い人と全然同じ筋肉の張りもあるし、やっぱ凄えなと思った」と大月のコンディションに感心した明戸だが、石川さんからも「試合になると伝説は関係ないです」と言われたように、「全然自分はぶっ飛ばす準備はできてるので、明日はやるだけですね」と、闘志を燃やしていた。

明戸仁志
「石川さんも言ってましたけど、大月選手と試合するというのが信じられなくて、目の前に大月選手がいて、石川さんも画面と映像の世界の人だったし、大月さんも映像の世界の人だったんですけど、実際に自分が戦うことになったし、攻略するために練習もしてきたし、しっかり明日は勝って、また自分の道につなげたいと思います。(大月選手の殺気のこもった目を見てどう思った?)近くで大月選手を見て、計量で向かい合って、本当に肉体も鍛えてる若い人と全然同じ筋肉の張りもあるし、やっぱ凄えなと思って。でも、全然自分はぶっ飛ばす準備はできてるので、明日はやるだけですね。

(昔から見ていてパンチ力についてはわかっていると思うが、恐怖心はどうやって克服する?)恐怖心の克服っていうのは練習するしかないんじゃないですかね? どうなんでしょうね? みんなどうしてるんですかね? それはわかんないです(笑)。ただ、たくさん練習してます。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明日は憧れの選手でしたけど、目の前に大月選手がいるんで、しっかり倒して、インパクトを残します」

大月晴明
「Krushは6年ぶりぐらい? 最後に戦ったのがレオナ・ペタス。Krushは凄い好きな興行だったので、出させてもらってありがとうございます。明日は口で言うより試合を見てくださいっていうことしか言えないので、がんばりますのでよろしくお願いします。(久々のKrushに向けて仕上がり具合は?)ちょっと緊張はしてますけど、明日の試合までにはいい感じに持っていきたいと思っています。(計量で久しぶりに鋭い視線を見たが、どういう心境?)いつもと一緒ですよ。これから戦いますし、普通に相手をぶっ飛ばす感じで、殺気のこもった目ですね。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明戸選手見て、映像で見てても思ったんですけど、凄い男前ですよね。顔がカッコいいんで、明日ボコボコにしちゃうのはちょっと気が引けるんですけど、まあがんばります」

 

選手登録