2021.10.30

 Krush Evangelistの石川直生が10月31日(日)後楽園ホールにて開催される「Krush.130」の見どころを紹介!(※Krush Evangelist=クラッシュ・エヴァンジェリスト……Krushの魅力と価値を幅広く伝える伝道師)

「鬼山選手は一発で試合の流れを変えるパンチのパワー・強さが武器です。一回戦ではパンチの強さだけでなく前に出るプレッシャーの強さが上がっているところが目立ちました。対する内田選手は激闘王の小倉尚也選手から的確なストレートでダウンを奪って、Krushで連勝を飾っています。Krushでは珍しいカウンタータイプの選手で、そのオリジナルのファイトスタイルの確立の背景には自宅の敷地内で弟(K-1カレッジ王者の内田竜斗)の研究がメインだったというから驚きです。適格なカウンターとストレートに磨きをかけて、鬼山選手のプレッシャーを跳ねのけるか。それとも鬼山選手がプレッシャーに磨きをかけて、内田選手のカウンターセンサーを破壊するのか。インファイトとアウトファイトの相性が抜群にハマること間違いなしの好勝負に期待しましょう。

 黒田選手は一戦ごとにリーチを活かした戦い方の精度が上がっています。的確なジャブを軸に足技で相手を止めるファイトスタイルで、その中から準決勝・決勝に向けて適格な必殺技が生まれることに期待が持てそうです。璃明武選手は攻防のレベルが高く、攻撃の武器が多い選手です。今の璃明武選手を見ていると絶対の自信を持っていることがうかがえます。そういう時の選手は練習していても、思いつくように技が出てくる。天から技が降ってくるような感覚です。そのくらい充実しているのかなと思います。先手で崩すか、後手で崩すか。どちらでも崩していける同士の準決勝になりました。

 SATORU選手は言わずとしれた激闘派で、一歩も退かない激闘が記憶に残る試合を見せてくれる選手です。中島選手はどの距離からでも繰り出せる極真仕込みの蹴りとPOWER OF DREAMで培ったフットワークからのパンチが魅力です。打ち合うゆえにもらってしまうSATORU選手を中島選手がステップで翻弄するのか? それともSATORU選手が殴り倒すのか?

 山本選手はトーナメントに出場する4選手(SATORU成合・中島千博・佐野天馬・友尊)から勝利しています。抜群の見切りとキレのある攻撃が武器です。これまで何度もベルトに手が届くところまでいきましたが、あと一歩のところでベルトを逃しているので、ベルトにかける想いが強いと思います。伊藤選手は懐が深い構えで、攻防の質が高まっています。攻防の質が高いもの同士の試合に期待しましょう。

 横山選手は元王者の西京佑馬選手からも勝利していて、スピード・パワー・テクニックの3拍子が揃った選手です。中村拓己K-1プロデューサーも優勝候補にあげるファイターです。対する松本選手はキャリア3戦負けなしで、自分のリーチを活かして“刺す”ような攻撃の当て方が上手い選手です。試合運びも冷静で度胸も感じるものがあり、ポテンシャル高いと思います。2000年生まれ同士の対戦にご注目ください」

※佐野天馬vs友尊は佐野が計量不参加で欠場、計量をクリアした友尊の不戦勝となりました。

 

選手登録