2021.11.13

 11月13日(土)東京・GENスポーツパレスにて「Krush-EX 2021 vol.6」が開催された。

「Krush-EX」(クラッシュ・イーエックス)はキャリアが浅い・若い選手たちが経験を積む場として、2010年~2014年まで新宿FACEで開催されてきたイベントで、現在のトップファイターたちも鎬を削ってきたリングだ。昨年、約6年ぶりにイベントが再開されると、現Krushバンタム級王者・壬生狼一輝をはじめ、K-1のプレリミナリーファイトやKrush本戦にステップアップする選手を輩出してきた。

 今大会ではK-1甲子園2021-60kg優勝・天野颯大と第11回K-1アマチュア全日本大会Aクラス-65kg優勝・下村泰平がプロデビューを果たした。

 第1試合に登場した下村はタフな井上修一をパンチとヒザ蹴りで攻め込んで判定勝利。メインイベント(第7試合)に抜擢された天野は同じく今回がプロデビュー戦の佐生光一と対戦し、佐生にカーフキック(※膝から下・ふくらはぎを蹴るローキック)を効かされる場面があったものの、最終3Rにダウンの応酬を制して劇的なKO勝利を収めた。

 なお今大会の試合映像は14日(日)18:00~K-1公式YouTubeチャンネルにて配信予定。

☆全試合結果・写真・レポート
https://bit.ly/3c9PCRS

 

選手登録