2021.12.17

 12月17日(金)都内・GSPメディアセンターにて、開催を明日に控える「Krush.132」後楽園ホール大会の前日計量と記者会見が行われた。

 ダブルメインイベントの第1試合でKrushフェザー級タイトルマッチを戦う王者の新美貴士と篠塚辰樹は計量をパスし、二人揃って会見に臨んだ。篠塚は今回がKrush初参戦となるが、プロボクシングや他団体での実績と、K-1初参戦で元Krushフェザー級王者の小澤海斗を倒した実績が認められ、K-1 JAPAN GROUP 2戦目でKrushのタイトル挑戦を決めた。

 会見に同席したKrush Evangelistの石川直生さんからは「パンチの技術は新美選手の首を狩るのに十分なレベルの高さを誇る」と実力にも太鼓判を押されていたが、やはり目を惹くのはその派手な言動だ。試合が決まってから新美に対して挑発を繰り広げていたが、この日も「計量で会って相変わらず一般会員の方かなと思いました。全然チャンピオンらしいオーラもないし、迫力もない。明日はそのへんも飲み込んであげようかなと思っています」とチャンピオンをバッサリ。

 その後も新美の「どんな対策で来ようがしっかり倒す」という発言を捕まえて、「倒すって言ったんですけど、倒したことあるのかなっていうような選手なんで、本当の倒し方っていうものを明日教えてやろうかなと思っています」などと返したり、「新美さんが巻いたやつはいらないんで新しく注文してください」と新しいベルトの発注の要求をしたりと言いたい放題だった。

 一方、その篠塚の挑戦を受けて立つ新美だが、9.20K-1横浜アリーナ大会で、先日K-1フェザー級王者になった軍司泰斗とのスーパーファイトで敗戦。Krush王者になって初黒星を喫した後の3度目の防衛戦を前に、石川さんも「あの敗戦をしっかり価値に変えて、明日は王者としての質を上げて防衛戦に臨んでくれると思います」と期待を寄せている。

 篠塚に比べれば言葉少なかったものの、再三の挑発的な言動にはカチンと来ていたのか、「明日はボコボコにして倒すだけです。もう二度とリングに上がれないような感じにしてやろうと思っています」とキッパリ。

 実際に前回の防衛戦では岡嶋形徒をわずか16秒でマットに沈めているだけに、「ちょっといろいろナメたことを言われてるんですけど、しっかり僕は試合で実力を見せるんで楽しみにしていてください」と、王者のプライドに懸けてベルトの防衛を誓う。

新美貴士
「僕は誰が相手でも倒すだけなんで、明日もどんな対策で来ようがしっかり倒すので楽しみにしていてください。(計量で向き合ってみてどんな印象を受けた?)特に何も感じなかったですね。(明日はどんな勝ち方をしたい?)明日はボコボコにして倒すだけなんで、もう二度とリングに上がれないような感じにしてやろうと思っています。

(ベルトに対してどんな想いがある?)Krushのベルトは倒し合いというかそういうもの象徴というか、そういう価値のあるものだと思っているので、しっかりそれを見せたいと思っています。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明日はしっかり倒すんで。ちょっといろいろナメたことを言われてるんですけど、しっかり僕は試合で実力を見せるんで楽しみにしていてください」

篠塚辰樹
「今日は体調も良くていい感じなんで、試合までやることも全部やってきたんで、後は試合をやるだけって感じで。あと面白そうなカードが1試合(橋本実生vs野田蒼)なくなっちゃったんで、その分、俺がかましてやろうかなと思っているんで応援よろしくお願いします。

(計量で向き合ってみてどんな印象を受けた?)相変わらず一般会員の方かなと思っちゃったんですけど、全然チャンピオンらしいオーラもないし迫力もなかったんで、明日はそのへんも飲み込んであげようかなと思っています。特に何もなかったです。(試合前に舌戦もあったが、明日はどんな勝ち方をしたい?)さっき(新美が)倒すって言ったんですけど、倒したことあるのかなっていうような選手なんで、本当の倒し方っていうものを明日教えてやろうかなと思っています。

(ベルトに対してどんな想いがある?)とりあえずベルトは欲しいし、新しくベルトも作りたいんで、もう注文してもらっていいんで。新美さんが巻いたやつはいらないんで新しく注文してください。(ファンの皆さんへのメッセージは?)明日はいつも通り倒して、自分がカッコいいチャンピオンになるんでよろしくお願いします」

 

選手登録