2022.02.03

 2月5日(土)東京・GENスポーツパレスにて開催される「サイクリー PRESENTS Krush-EX 2022 vol.1」の[セミファイナル(第7試合)◎Krushライト級/3分3R]で対戦する安田学登と新太のコメントを公開!

安田学登
「(今回の試合に向けて)前回は勝った以外は不合格。モヤモヤしていた気持ちを吐き出す場がやっときたなという思いです。(対戦相手の印象は?)相手のことは特に考えていません。自分との闘いが全てだと思っています。(この試合のテーマは?)格闘技人生の集大成のつもり。自分の短所を徹底的に潰すよう全力で練習してきたので、それを全部出し切るだけです。(どんな試合をして勝ちたい?)勝ち方にはこだわりません。応援してくれる方の為にも何が何でも勝ちます!(自分のどこをアピールしたい?)会場のGENスポーツパレスはファイターとしての自分を作り上げてきた場所です。ここでプロレス流の気持ちの強さを見てもらいたいです!(ファンのみなさんにメッセージ)この一戦を落としたら次はない!格闘技人生を全て賭けて闘います!」

新太
「(今回の試合に向けて)昨年11月の敗戦直後にお話がありましたので『すぐにやり返してやろ!』という気持ちです。(対戦相手の印象は?)僕の対戦相手は毎回個性が強い人が多いんですよね。今回も身長が高い相手だなと思います。逆にそれ以外はありません。(この試合のテーマは?)特に変わった練習はしていません。前回からスタイルを改良中なので、その成果を出したいですね。(どんな試合をして勝ちたい?)KOでも判定でもとにかく勝つことが大切。まあ、派手にKOで勝ってみたい気持ちはあります。気持ちいいでしょうね、KO勝利。(自分のどこをアピールしたい?)ここで言うことはないですね。試合を観ていただければ分かると思います。(ファンのみなさんにメッセージ)言いたいことはたくさんありますが、ここでは言いません。勝ってから話しますので、楽しみに待っていて下さい」

 

選手登録