2022.05.22

 5月22日(日)都内にて、前日に開催された「Krush.137」後楽園ホール大会の一夜明け会見が行なわれた。

 第3試合は無敗の新鋭同士によるKrushバンタム級の一戦。延長判定までもつれ込んだ大接戦は、3戦3勝(1KO)の板橋武留が2戦2勝(1KO)の中澤誠弥に競り勝ち無傷の4連勝をキープした。

 激戦を振り返った板橋は「延長判定で勝ててよかったのもありますし、反省もあります」と手放しでは喜ばない様子。その反省点を「ディフェンスだったり気持ちだったり」とテクニック・メンタルの両面で上げた上で「次の試合までにそれを直して、次も勝ちたい」と早速改善に着手する姿勢を見せた。無敗のルーキーが目指すはKrush、K-1のチャンピオンのみ。板橋は強い言葉で「しっかり強い選手を倒して、タイトルマッチやチャンピオンまで行けるようにがんばります」とコメントし、会見を締めくくった。

板橋武留
「延長判定で勝った形で、勝ててよかったのもありますし、反省もあるので、次の試合でそれを直して次も勝ちたいと思います。(勝因は?)ローで散らしたり、パンチにつなげたり、それが決め手になったんじゃないかなと思います。(延長でも蹴り主体の戦い方にはこだわった?)それもありつつ、Krushらしい試合をしなければいけないと思っているので、パンチでも倒せる試合を見せたいです。(今回の試合で分かった課題は?)ディフェンスだったり気持ちだったり、そういうところを強化して、強い選手にも勝てるようにしたいと思います。(今後の目標は?)しっかり強い選手を倒して、タイトルマッチやチャンピオンまでいけるように頑張りたいです」

 

選手登録