2018.03.20

 3月20日(火)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」3月21日(水・祝)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会の前日計量・記者会見が行われた。

 スーパーファイト記者会見の第1部には新生K-1初の女子ファイトに臨むKANAとポリナ・ぺトゥホーヴァ、スーパー・バンタム級で対戦する軍司泰斗と登坂匠(※軍司は再計量のため欠席)、約7カ月ぶりの再戦を迎える中澤純と左右田泰臣(※前回の対戦では中澤が延長判定で勝利)が登壇した。

 KANAとポリナは女子ファイターとして共に好勝負を約束。登坂は軍司の計量オーバーについても「300gなら問題ないと思う」と動じず。(※軍司はリミットちょうどの55.0kgでクリア)対戦カード発表会見・インタビューで互いに異なる主張をぶつけ合ってきた中澤と左右田は「こいつは判定で勝ってもゴチャゴチャうるさいんでぶっ倒す」(中澤)、「明日は僕の入場でのマスクに注目してください」(左右田)と相容れないまま会見を終えた。各選手のコメントは以下の通り。

KANA
「無事に計量終わって水含むだけでエネルギーが漲ってきます。明日、女子K-1が開幕します。しっかりインパクトを残して倒しに行きます。(ポリナの印象は?)ロシア顔でめちゃめちゃ美人やなって思いました。調子もいいみたいなんで、明日は男子に負けないインパクトを残して、いい試合が出来るんじゃないかなと思います」

ポリナ・ぺトゥホーヴァ
「コンディションはとてもよく、100%で仕上げてきました。明日は勝つつもりで戦います。KANA選手のことはとても強い選手だと思っています。KANA選手の試合映像をほとんど見て、研究してきました。明日は面白い試合、美しい試合、そしてテクニック的にレベルの高い試合になると思います。そして私が勝ちたいと思います」

登坂匠
「K-1初参戦なんですけど、こんなに大きい舞台で戦うことが出来て、うれしく思います。1Rから倒しに行くんで注目よろしくお願いします。軍司選手は若いので、300gだったら落としてくれると思うので、気にしていないです」

中澤純
「明日は判定じゃなくて、KOで倒そうと思っています。(相手へのメッセージは)今日はあんまり噛みついてこないんで言いづらいですけど(苦笑)、その衣装はどうなのかなと思います。こいつは判定で勝ってもゴチャゴチャうるさいんで、ぶっ倒そうと思います」

左右田泰臣
「2014年11月3日(ジュウイチ・テン・サン)の旗揚げメンバーとして、3年ちょっとの間に生と死を経験しました。明日はその生の経験を活かして戦いたいと思います。(相手へのメッセージは)特にありません。去年一回戦っているんですけど、去年の自分とは違います。何が違うかというと…入場マスクが違うので、そこを注目してもらえればと思います。(中澤のKO宣言に対して)明日は僕の入場でのマスクに注目してください」

 

選手登録