2018.04.07

 4月7日(土)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、6月17日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」の追加対戦カードが発表された。

 今年3月の「K'FESTA.1」では王者ウェイ・ルイを左ストレートでKOし、第2代ライト級王座に就いた卜部功也。6月大会にもスーパーファイトでの参戦が決定し、2階級制覇を成し遂げた初戦で初参戦のブラックドラゴンと対戦する。ブラックドラゴンはかつて日本の士魂村上塾に所属し、2011年に士道館杯争奪ストロングオープントーナメント全日本大会で優勝。デビュー当初の木村"フィリップ"ミノルとも拳を交えた。現在はタイのTiger Muay Thaiに練習の拠点を置き、タイや中国の武林風で活躍している。

 会見冒頭で宮田充K-1プロデューサーは「ライト級は層が厚く、各国の選手をリストアップした中で一番ヤバい選手を選びました。見ての通りの風貌もそうですが、ファイトスタイルも暴れん坊」とブラックドラゴンを功也の相手に選んだ理由を明かし、続けて「K-1への出場が決まり興奮している。俺はK-1でアーネスト・ホースと、レミー・ボンヤスキー、ブアカーオといった数多くの偉大な選手を見て育った。今回の試合は自分のキャリアにとっても素晴らしい経験になるだろう。今からK-1のリングに上がることが楽しみだ」とブラックドラゴンのコメントが読み上げられた。

 筋肉隆々の肉体で、見た目のインパクトも大な未知の強豪との対戦に功也は「(風貌が)とりあえず厳ついですね。ムエタイルールでやってますけど、非常にK-1向きの選手かなと思ってます」とブラックドラゴンの印象を述べると「立場とか関係なしにやることは1つで、自分のレベルを上げて1試合1試合集中して戦うこと。相手はムエタイルールでもやっていますが、僕も蹴りには自信があるので、蹴りで綺麗に刀で切るような倒し方が出来れば良い」と蹴りによるKOを宣言した。

卜部功也
「チャンピオンになった最初の試合なので、ここで気を抜かずに、まだまだ自分のレベルを上げられるように集中して頑張りたいと思います。(ブラックドラゴンの印象は?)まず(渡辺)雅和さんからこの対戦相手はどう?と話が来たんですけど、僕は雅和さんに『とりあえず厳ついですね』と言いました(苦笑)。試合を見たら本当に好戦的で、とりあえず気持ちの弱い選手とだけはやりたくなかったので。本当にハートが強くて前に出て来るK-1向きというか。そういう選手と戦いたかったので、僕としては一発当たったらやられるって気持ちもあるので、そういうスリルのある試合が出来るなと思っています。

(相手はタイでも練習・試合している選手だが?)本当にプレッシャーが強いなってのはありましたね。常に相手がコーナーを背負っている印象がありました。蹴りはもちろん強いですし、飛び込みのパンチとかもやっぱり重そうだったので、ムエタイルールでやってますけど、非常にK-1向きの選手かなと思ってます。

(チャンピオンになって初戦で心境の変化は?)ベルトを巻いたことで自信は取り戻せたと思います。でも立場とかそういうの関係なしにやることは1つで、自分のレベルを上げて1試合1試合集中して戦うこと。もっともっと自分自身レベルアップしていきたいなと思ってます。(どんな試合を見せたい?)最近はパンチで倒せるようになってきたんですけど、相手はムエタイもやっているんで蹴りも強いと思います。ただ僕も蹴りには自信があるので、蹴りで綺麗に刀で切るような倒し方が出来れば良いなと思ってます。

(防衛戦はいつ、どんな相手とやりたい?)僕自身は相手を選ばないというか、どのタイミングでも、どの選手ともやります。あとはお客さんが見たいカードですかね。4月のKrushで(ゴンナパーと)佐々木大蔵がやるんで。大蔵にもちろん勝って欲しいですけど、それは別にして(ゴンナパーに)リベンジしたい気持ちはずっと持っています。どこかで絶対にやりたいなと思ってます。(タイトル戴冠後に休みはあった?)ありがたいことにK-1でのお仕事を沢山いただいて(笑)、忙しくさせていただいてます」

 功也が“アンタッチャブル”の異名のままに未知の強豪を完封するか? それともブラックドラゴンが風貌どおりの暴れん坊ぶりを発揮して大番狂わせを起こすか!?

 

選手登録