2018.04.25

 4月25日(水)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて、「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」6.17(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ大会の追加対戦カードが発表された。

「K'FESTA.1」3.21さいたま大会で大和哲也にKO勝利し、タイトル初防衛に成功したK-1スーパー・ライト級(65kg)王者・野杁正明が連続参戦。今回がK-1初参戦となるドイツ人ファイター=ヴィンセント・フォシアーニとの対戦が決まった。フォシアーニはムエタイベースで戦績は39戦33勝(15KO) 6敗。ISKAヨーロッパ王者の肩書を持ち、最近ではタイや中国でも活躍している実力者だ。

 会見では司会者を通じて「子供の頃からずっとK-1の試合を見ていて、伝説とも言える日本のK-1に出場できることが本当に光栄だ。自分はK-1ルールとムエタイを融合させたファイトスタイルで、この階級のトップ選手だという自負がある。ヨーロッパでも名前が知られている野杁正明と戦い、自分の存在・スキルをK-1のファンに知らしめたい」とK-1初参戦に向けたフォシアーニのコメントが読み上げられた。

 すでに8月のKrush名古屋大会への参戦も決まっており、3月・6月・8月と試合が続く野杁は「去年も6月・8月と連戦だったんですけど、どちらも勝って終わることが出来ました。今年はKOにこだわっていきたいと思っているので、6月も8月も倒して勝ち続けたいと思います」と挨拶。

 フォシアーニについては「ザ・サウスポーという感じの選手で、左ミドルを主軸にして、距離が近いとパンチとヒザ蹴りで来る選手だと思います」と分析しつつ「問題ないかなと思います。初参戦の選手なので一発のパワーはやってみないと分からない部分もありますけど…これという技はなかったので、どうやって試合を組み立てていくか。次も1Rから攻めていくつもりなので、何もさせずに倒したいですね」と圧勝を宣言する。

 さらに「やっぱりK-1チャンピオン=KOだと思うので、スーパーファイトでも外国人選手でも倒せるところを見せたい」と野杁。「勝つことは大前提で『野杁、強くなったな』と思ってもらうためには倒して勝つのが一番だと思います。僕もまだ24歳(※試合当日は25歳)で、これから進化していけると思うので、試合の度に強くなったと思ってもらえるように、どんどん強くなってKOを狙っていきたいと思います」とチャンピオンとして進化した姿を見せるとファンに誓った。

 

選手登録