2018.06.15

 6月15日(金)東京・新宿区にあるGENスポーツパレスにて、6月17日(日)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」の[スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R]でK-1スーパー・ライト級王者 野杁正明と対戦するヴィンセント・フォシアーニが公開練習を行った。

 K-1初参戦で現スーパー・ライト級王者 野杁正明と対戦するチャンスを得たフォシアーニ。ヨーロッパを中心に活躍し、ISKA欧州スーパー・ライト級王者の肩書を持つムエタイ系のファイターで、公開練習では鋭いパンチとヒザ蹴りを披露。「野杁は間違いなく強い相手だけど、彼の弱点を見つけた。その弱点をつけば彼をKOできると思う」と野杁撃破に自信をのぞかせた。

「自分は強い相手と戦いたいと思っていて、野杁正明はその中の一人で、彼と戦えることを光栄に思う。この試合のために今までにないくらいハードな練習を積んできたから、過去最高の仕上がりだよ。(自分のファイトスタイルについて)私はオールラウンドなファイターだ。パンチ、蹴り、ヒザ蹴りを得意にしているが、K-1で戦うためにはすべての技術レベルが高くないといけないと思う。強いて言うならヒザ蹴りを一番の得意技だ。

(対戦相手の印象は?)たくさん試合映像を見て研究もしてきた。間違いなく強い相手だと思うが、それと同時に弱点も見つけている。その弱点を突けば彼をKOできるだろう。相手がミスをするところを待って、そこを突いていけば勝てると思っている。(日本のファンに自分のどこを見せたい?)テクニック、パワー、自分が持っているものをすべてのものを見せたいと思う。(日本のファンへのメッセージは?)初めて日本で戦うことを楽しみにしている。自分がどんなファイターかを見せたいと思う」

 

選手登録