2018.11.02

 11月2日(金)東京・飯田橋のホテルメトロポリタンエドモントにて「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~」11月3日(土・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ大会の前日計量・記者会見が行われた。

 当初はウェルター級王者・久保優太とのタイトルマッチが内定していた城戸康裕だが、久保が交通事故によるドクターストップで欠場。飛び回し蹴りで相手を立ったまま失神させたことでも知られるパプアニューギニア出身のジョナサン・トゥフとスーパーファイトで対戦することとなった。

 先日の会見及び公開練習で左足の怪我(蜂窩織炎)を公表していた城戸は「左足めっちゃ怪我して、全然動けなかった。今回は体重が増えすぎて14kgも落としました」と怪我の影響もあって減量に苦しんだことまで明かす。さらに城戸は「まだ左足が痛いんで、明日は“左足で蹴るのはなしマッチ”でどうかな?」とふざけた提案をすると、トゥフが「だったら手(パンチ)だけで勝負するか?」とまさかの承諾。

 これには城戸も「もしかしたら蹴るかもしれないんで…ごめんなさい、いつも通りで(苦笑)」と自ら提案を撤回する結末となった。

 対戦相手を含めて城戸にとってはテーマを見出しづらい試合で、城戸自らが出演・演出する煽りVTRの内容も気になるところ。それについて質問を受けた城戸は「今回はどういう題材がいいかなと思ったんですけど『あっ!そこ行っちゃう?』がテーマですね。あんまり言い過ぎると面白くないんで、明日会場で」とほとんど内容を明かさなかったものの、内容には自信を持っているようだ。

 タイトルマッチ消滅に怪我と災難続きの城戸だが、トゥフを倒して今度こそベルトに漕ぎ着けることが出来るのか?

 

選手登録