2019.02.15

 2月15日(金)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホール「Krush.98」の前日計量・記者会見が行われた。

 1月大会から開幕した[初代Krushクルーザー級王座決定トーナメント]。1月大会の一回戦では杉本仁とK-JeeがKO勝利で準決勝進出を決めた。会見には明日の一回戦を戦う愛鷹亮vsRUI、OD・KENvs植村真弥の4選手が出席。愛鷹とRUIは互いに「殴り倒す」(愛鷹)、「蹴り倒す」(RUI)と火花を散らす中、“お客様第一”を身上とするOD・KENと対戦する植村は「自分第一です」と語り、会見を和やかな雰囲気にしていた。4選手のコメントは以下の通り。

RUI
「試合のためにやることはやってきました。明日が楽しみです。爆発させます。(対戦相手の印象は?)愛鷹亮選手はしっかり(ヘビー級から)体重を落として計量をパスして、かなり仕上がっている感じだなと思いました。僕もそれ以上に仕上がっているので、明日は蹴り倒します。

(1月に行われた一回戦は共にKO決着だったが?)予想通りの二人が勝ち上がって、KOは意識しないわけではないんですけど、明日はしっかり自分のことに集中して、僕の課題である1Rからしっかり飛ばしていこうと思います。

(ベルトにかける思いは?)みんなと言うことは同じなんですけど、まずは一回戦ですね。相手の愛鷹選手が正直トーナメントの中でも一番優勝候補なのかなと思っているので、大事なのはとにかく明日ですね。明日突破できれば、あとは問題ないんじゃないですかね。(自分のストロングポイントは?)僕のストロングポイントは見て分かる通り、リーチだと思います。蹴り倒すと言っているので、一発一発の重みのある蹴りを楽しみにしていてください。

(ファンのみなさんへのメッセージは?)前回の敗戦から約3カ月、色んな面で自分の中で変化があって、それが明日の戦いや、フィジカル面でも出てくると思います。とにかく明日は爆発させます」

愛鷹亮
「やることはやってきたんで、明日は楽しんでトーナメントの一回戦をしっかり勝って、5月につなげたいと思います。(対戦相手の印象は?)RUI選手は身長が大きいので90kgは大変だと思うんですけど、しっかり落としてきてるので、そこはリスペクトを持って、俺は明日殴り倒します。

(1月に行われた一回戦は共にKO決着だったが?)やっぱり重量級の試合なんで、KOというのがみんなに注目されると思うんですけど、変に意識せずに自分の試合をすれば自ずと3試合全てKOで締められると思ってます。

(ベルトにかける思いは?)やはり初代というベルトは重さだったり、責任が伴うと思うんで、この3試合を通して、初代王者の重さをちゃんと巻けるような男になる。そういった試合を3試合していきたいと思ってます。(自分のストロングポイントは?)自分もパンチなんですけど、リーチが確かに短いので、逆に中に入っちゃえばそこがストロングポイントになるかなと思ってます。(ファンのみなさんへのメッセージは?)応援してくれてる周りのみんな、静岡のみんなのために明日は必ず勝利します」

OD・KEN
「明日はKrushの中で一番盛り上がったと言われる試合を植村選手とやりたいと思っているので、皆さん期待していただければと思います。(対戦相手の印象は?)植村選手はバチバチの試合をする選手だと思うんで、明日の試合までにしっかり減量のリカバリーをしてもらって、盛り上がる試合をできればと思います。

(1月に行われた一回戦は共にKO決着だったが?)クルーザー級で3Rまでやって判定になっても面白くないと思うので、できれば1Rから早々に打ち合って、1R決着とかが盛り上がると思うんで、KOは意識してやっていきます。(ベルトにかける思いは?)クルーザー級のトーナメントに出場している選手は僕より格上ばかりで、先日勝ち上がった選手も僕より格上の選手だと思ってます。すぐにベルトに手が届くかといったらそうではないと思うんで、一戦一戦を大切に戦って、その中で成長していって、最終的にベルトにつながれば良いなと思います。

(自分のストロングポイントは?)僕もパンチだと思うので、バチバチの試合ができるかなと思います(ファンのみなさんへのメッセージは?)明日は“お客様第一”の自分と、自分第一の植村選手の戦いになりますけど(笑)、そこで“お客様第一”が勝てるように全力の試合をやっていきますので期待してください」

植村真弥
「この日のために頑張って練習してきました。あとは自分を信じて頑張ろうと思ってます。(かなり減量しての試合だと思うが、減量の過程は?)12kgぐらい落として、減量きついですね。でももっと絞れると思うんで頑張っていきたいですね。(減量法は?)練習が終わったらすぐ寝ることですね(笑)。(対戦相手の印象は?)特にそのへんは何も考えてないんで、明日頑張って試合するしかないと思ってます

(1月に行われた一回戦は共にKO決着だったが?)意識は特にしてないですね。とにかく勝てれば良いと思ってます。(ベルトにかける思いは?)もちろんベルトは欲しいですけど、まず一戦一戦勝って行くことを考えてます。(自分のストロングポイントは?)自分の強みはパンチだと思うんで、パンチで勝負します。

(OD・KEN選手は“お客様第一”を身上にしているが、植村選手は?)やっぱ自分第一です(笑)。(ファンのみなさんへのメッセージは?)厳しい練習やってきた中で色んな人の支えがあったので、それに応えるつもりで、一回戦何とか勝ちたいです」

 

選手登録